「運び屋」片岡恭子の話

一番下のコメントへ

タイトルから自殺志願者の旅行エッセイ漫画かな?と思いあらすじを読んだらまさかの運び屋の話でなんだそりゃと購入。読んでみたら予想外の内容で面白かった。

・運び屋(ハンドキャリー)とは、製造業者の部品などを貨物ではなく一般旅客の荷物として運ぶバイク便的な仕事

・マイレージは200万でイモトと同じプレミア1Kカードを持っている

・スペインの路上で首締め強盗に遭い失神して失禁

いかにもエッセイ漫画ですっていう可愛らしいシンプルな絵柄で描かれてるのが違和感あるほど内容がハード…。かわぐちかいじかわぐちかいじに作画してほしい。

エッセイ漫画っぽいのに三人称の表現が多くて何でだろうと思ったら作画担当と主人公(原作者)が別だった。

単話で1話を読んでこの片岡さんのことが気になってTwitter見たけどすごく苦手な感じで後悔……著者の人格と著作物は別物とはわかってるけど…やめときゃ良かった。

単行本になる頃に覚えてたら買って読もうかな。

コメントする
04/15(木)に第4話が発売!
icon_reread
また読みたい
フォロー