思春期の少女にはショッキングなストーリー

一番下のコメントへ

今から40年以上も前、少女漫画といえば、片思いでドキドキ…といった乙女チックなストーリーが多かった中、おどろおどろしいミステリー漫画で異色を放っていたのが高階良子高階良子先生です。
高階先生の漫画の中でも、ひときわドロドロ感が高かったのがこの「地獄でメスがひかる地獄でメスがひかる」。怖いもの見たさもあって、ドキドキしながら読んでいました。
少女には刺激の強すぎる展開ですが、愛という救いもあるところが、この作品の素晴らしさです。
思春期の少女の容姿コンプレックスコンプレックスを突いているので、現実にはありえないストーリーでも、主人公に感情移入できて、夢中になって読めたのだと思います。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー