ウェディングプランナーの悲喜交交

一番下のコメントへ

孤食ロボット孤食ロボット』、『土星マンション土星マンション』の岩岡ヒサエ岩岡ヒサエさんが結婚式をプロデュースするウェディングプランナーランナーを描いた物語。

最初のお話では本が好きな夫妻のために既に運営を止めていた私設図書館を貸し切って行う結婚式の様子が描かれるのですが、こんな式を挙げられたら素敵だなぁと本好きの下剋上本好きとしては思いました。

「どうやったらお客様が一番喜んで幸せになって下さるか」ということを考えるのは多くの職業に共通するところであると思いますが、そのためにできることを真摯に考え抜き、実行し抜く主人公の姿に異業種であっても共感と尊敬を覚えずにはいられません。

大手ホテルから独立した女性主人公に複雑な想いを寄せる男性ウェディングプランナーの視点でのお話も描かれるのですが、彼が彼女の手腕に発奮する様子にも共感します。今抱えている仕事でもっとできることはないか、と考えさせられました。

また、客側でも男女のすれ違う考え方などもあるあると思わされます。結婚式を挙げる前に夫婦で読んでおくと良いマンガかもしれません。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner