出来れば愛も欲しいけれども

一番下のコメントへ

グルメ漫画や食レポエッセイ漫画が好きで、
面白いと聞いたものは読まずにはいられなくなる。
けれど「愛がなくても喰ってゆけます。愛がなくても喰ってゆけます。」は
存在を知ってもなかなか手をださなかった。
題名から、自分の好みのタイプの漫画では
なさそうだと思ったから。
非モテ系の主人公がフラレ捲りながら
「食いものがうまけりゃいいのよ」
とヤケ喰いし捲る漫画なのかな~と。
自分がどちらかというとそういう系では
あるだけに、身につまされそうな気分に
なりそうな危険を感じたので。

実際の内容は、あながち外れてもいなかったが、
どちらかというと
「愛は欲しいがなるようにしかならんし」
みたいな感じだった。
友人知人関係にも恵まれているし、美味しい店に
一緒に行く仲間達もいる。
料理や会話を楽しく味わいながら想いを共有する。
だからといって恋が始まり成就するとは限らんのよね、
という感じの漫画だった。
もっとも全15話が全て、主人公・YながFみさんの
婚活的な話ではなく、単に友達と楽しく食事を
するのが目的でお店に行く話とか、
他人の世話をやいたりコミュニケーションコミュニケーション目的での
飲み食い話もある。
だが、そのほとんどで目的地には到達できなかったりする。
着地点がズレたりしてしまう。
どうもYながFみさんは、
恋愛成就とか他の目的の解決のための手段として
美味しいものを食べに行くのだが、
美味しいものを食べることに注力してしまって
本来の目的を忘れがち、あきらめがち(笑)。
なんかそういう
「人生ってままならないよねえ」
「でもまあ皆で美味しく楽しく食事が出来たし」
「まあ食べ物を美味しく味わえるうちはいいよね」
みたいな感じというか。
その感じがとても面白かった。

グルメ漫画や食レポ漫画、
とくに料理対決漫画なんかだと
「美味さが全てを解決」
みたいな話が多いから、
そういうグルメ漫画に食傷気味なときに読めば
心がホッと癒される?漫画だよな、と思った。

グルメ漫画や食...

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー

banner