一番下のコメントへ

宮坂香帆先生の新連載
明治時代、ハーフの女の子が息を潜めるように生きていたところに、お坊ちゃまなイケメンヒーローと出会うという王道なシンデレラストーリー。

しかし2人そろって川(?)に落ちて、ヒロインの髪が金髪に変わるシーンはとてもドラマチックだった。
(現実としてありえるのかは考えてはいけない)

うじうじしていた(せざるを得なかった)ヒロインが、窮地に立たされて歌姫として覚醒するという展開はご都合ながら面白い。
これでパパが海外の大物だったら文句なしだけど、たぶんまだまだいびられるんだろうなー。

ヒロインの髪色が変わるシーンは、ある意味決め台詞というか名シーン扱いなんだろうけど、いかんせん水差し一杯で染め粉が残らず綺麗に落ちるのは無理がありすぎる。
川なら水量があるのでなんとか許容でき……いや、同じか。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー