20年経っても続きが気になる

一番下のコメントへ

幼少期にシャーマンキングシャーマンキングの世界観にやられてしまった人は多数いるはず…

個性的なキャラにオーバーソウルという中2心くすぐるシステム。

後半につれて物語が複雑になっていく中、そんなことも気にせず夢中になって読んでいました。

しかし、打ち切りにより不完全燃焼な最終話。おいおい。そんなのありかよと。どうなったんだよ!ハオは!!!と心で叫びました。

そんな私を救うかのように、完全版による発売に伴う大幅な加筆。
コミックスでいうなら2巻分くらいの加筆。
おいおいと涙を流しながら本来の最終話を読み終えました。

シャーマンキングに関しては、これでスッキリしたなあと思っていると新作のニュースが!なんと!葉の息子の話!

これは読むしかない!しかし、今回もどうなるか分からないぞ…期待しないぞ…と思いながら読む、読む、読む。

これが面白い!
続き物としても作品としても面白い!
こっちの物語もどうなっていく…!?

と今後の展開にワクワクしていると!
キタァ!廃刊による打ち切り!!!

なんてこった!これからだろ!!!ってタイミングで。
再開を祈ることしかできない…

はあ…と思っていると!!!!

シャーマンキング20周年記念として、出版社を変えて!新作の連載が開始するというニュースが!!!!

だよなあ!?
みんな続き気になってんだよな!?

だから、こんな二転三転しても世に出続けるんだよな!?
とアツい気持ちになりました。

みんな待ってる新作。ほんとにたのしみです。

その前に改めて、シャーマンキング読んでみてはいかがでしょ!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み