ネタバレ宇宙で映画を上映するためにロケットを打ち上げる、アフタヌーン新連載

一番下のコメントへ
user_private
ハリネズミモモンガ

月刊アフタヌーンアフタヌーンでの新連載。今は3話目、1話目はHPで読めます。
小学生の頃にみたUFOに映画を見せてやりたいっていうことでロケットを作り続けてきた男かずきとその時一緒にUFOを見た女カナエがタッグを組んでロケットを作るマンガです。
基本的にロケットを作るのは旋盤とか溶接ができるかずきの方で、カナエはちょっと邪魔者扱いされているんだけど、いろんな人を巻き込んでいったりして仲間がだんだん増えていくのに一役買っているのかも…?

かずきの独特な間と、カナエの欲求に従順なところが面白くいい凸凹コンビです。

冴えないOLをしているカナエは小学校時代の同級生かずきと再会する。<br /> 何故か1人でロケット開発をしているかずきを見て、カナエは直感する。<br /> <br /> 「これは金になる」と!<br /> <br /> 読み切り『お姉ちゃんの妹』が大評判だった森田るいが満を持して...

user_private
ハリネズミモモンガ

というかロケット自体はもうすでに出来上がった?ようなので、あと2・3話で発射するかもしれないです。ロケット開発の漫画かな〜とも思ったんですが、なかなか展開が早いので、宇宙人的な方で話が膨らむか、打ち上げ失敗するかかなって思います。

ロケットを飛ばす段まできた。短期集中連載っていうわけじゃないはずなのにかなり展開が早い。次はもうロケット打ち上げてしまいそうだし。今結構面白いんだが打ち上げたあとどうするんだろう

いつのまにかかずきは真っ黒になっているし、あっという間にロケットが出てきている。テンポ良すぎて今後の展開が心配になる。2・3巻で終わらせる予定なのか?

ロケットの打ち上げは成功したっぽい。ちゃんと飛んだ。リフトオフのシーンは迫力があってよかった。そして、やっぱり次で最終回のようだ。もともと短期連載の予定だったんだろうな。

単行本表紙もいいなぁ。
主人公の最初の動機はお金だったけど、最後結局さわやかな人間性を確立できたからこの表紙が本当に気持ちいい。また見たい作者。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner