愛する人に触れられない~禁断の花~
「私の身体は毒でできているの…」青花の純粋過ぎる初めての恋の相手は年上の博士(ドクター)の諒だった…狭い世界で生きていた青花にとって諒は人として女性としての幸せを教えてくれた人。「諒さえいれば何でも出来る」夜の街で生きる青花はその身体を利用して人に”毒”を運ぶ。青花はどんなに愛しても大好きな諒には触れる事が許されない身体…甘く切ないミステリーロマンスがここにスタート!
桑原君に親友なんてぜったいできない
セレブで名門校の「栄光高校」に転校してきた成績優秀な桑原くんの夢は親友を作ること。親友を作るのは恋人を作る以上に難しいしもの。心理学者や哲学者よりもたった一人の親友の声を聞きたい…名門校に桑原君は期待を膨らませるが待ち受けていたのは…授業中なのにライブを始めたり、勝手に体育をやりだしたり…個性的でおバカな男子の巣窟だった!?優等生の桑原くんがクラスメイトの金髪でイケメンの遊佐やその仲間のおバカな男子高校生たちと繰り広げる友情ラブ(?)コメディ!
秘密のふたり
「よく、見せて?」と私の顔をじっと見ながら藤馬君は言った…吹奏楽部の新谷あい子は同級生の藤馬君の秘密を偶然、知ることになる。気になる男の子の私だけが知る秘密に胸がドキドキする…大人気作品「まじめだけど、したいんです!」の作家、嘉村朗が学生の甘くて少しほろ苦い淡い恋心を描いた作品。
本当のキス
「お前、飢えている顔にみえたけど」咲良は10年振りに再会した幼馴染のリュウにそう言われ抱きしめられる。突然、暴走したリュウは…!?優しくて恰好良くて咲良の心の支えだったリュウは緒方組の次期組長になることになっていた…「本当のリュウを知りたい…」変わってしまった幼馴染をあなたは愛せますか?甘く切ない本格ラブストーリーが始まる!
キスしたら壊れるのは分かっていた。
「お前が泣くなら迷わない」──夫のエスカレートする束縛の毎日に疲れてしまった愛生。復帰した仕事先で偶然出逢ってしまった大好きだった元カレの修二。「何でそんなに私のことを分かってしまうの?」愛生は修二と会う度に心が苦しくなる。あなたとまたキスをしなければ何も壊れなかったのに…
リア恋しなくちゃダメですか?!
「幸せになりたい――」吉野光莉(29歳)は夢なし金なし彼氏なし。アイドルグループ「カラフル!」のメンバー・町田亜星を応援することを楽しみに生きている。そんなある日出会ったのは、まさかの亜星くん本人!?…ではなく、亜星にそっくりな19歳の医大生・松岡壱星だった。「これは運命の出会いってやつ?いやいや10コも下なんてナシでしょ!」年下のくせに生意気で、自信家で、ドキドキさせられて…。年の差あり、格差ありのラブストーリー!
恋文ラビリンス
忘れられない恋を小説にしたら…目の前に初恋の人が編集担当として現れて…圭吾の強引な提案に一花はドキドキしっぱなし!?好きで好きで忘れられなかった人・圭吾から一花の小説には恋愛の描写にリアリティがないと迫られ、仮の恋人になることを約束させられるが…
まじめだけど、したいんです!
「あんまり挑発すんなよな…理性がとんだらどうするんだっ」と周藤くんは怒るけど、「そしたらどうなるの?」と佳織は興味津々。2人っきりの部屋で無意識に挑発する佳織に周藤くんは…「周藤くん…もしかして感じてるの?」佳織は真っすぐな瞳で周藤くんを見つめる。その時、周藤くんは…超優等生カップルの恋の行方は?
幸村恋ものがたり~赤色恋愛クロニクル~
「女としての人生は、髪と一緒に捨てました」お家再興を誓い、女一人で戦場に向かったお初が出会ったのは、あの真田幸村だった。舞台は大坂城。お初は裏切り者と疑われる幸村の監視役を命じられ、初めは幸村を警戒するお初だったが近づけば近づくほど、知れば知るほど幸村に惹かれていく…。「私には使命がある。なのに…」武将・真田幸村が見せる本当の顔とは―?大坂城・真田丸で繰り広げられる戦いの中で、揺れ動く乙女心を描いた歴史ラブロマンス!
その笑顔好きじゃない
「その取り澄ました顔…めちゃめちゃにしてやりたくなる」体育倉庫で律希はすみれに言った。学校一のモテ男子の律希と友達との間でゲームが始まった。それは校内中でビッチと噂されるすみれを”落とす”ことだった。律希はすみれに近づくにつれ、表情のないはずのすみれの素顔を知ることになる。心に傷を持つ二人の切ない恋物語。
花魁炎上
完全描きおろし!わちきの人生枯れ花でありとなっていたんした ・ ・ ・でも ・ ・ ・踏まれようが、焼かれようが最後にひと花咲かせましょう。時は天保―――全国的に農村では大凶作が続き飢饉となっていた。年貢、借財に喘ぎ口減らしや身売りが相次ぎ困窮化していった。■目次・花魁炎上 第一話 劇画界の巨匠が描く「女たちの地獄」・花魁炎上 第二話 おっ母ちゃん、帰りたい ・ ・ ・ 地獄に落とされた幼い娘の過酷な日々が幕を開ける! ・花魁炎上 第三話 花魁をはじめて見たあの日、 幼かったわっちの中の女が目を覚ましたのでありんした■作画 ケン月影
Hメイト
15年来の幼馴染である未央と公平。愚痴を言い合い、下ネタで盛り上がる――二人は、男と女でありながら『親友』だった。しかしその関係は、彼氏に裏切られた未央が公平の家に転がり込んできた日から一変する。傷心の未央に添い寝していると…彼女の太ももが股間に当たる! 柔らかそうな胸元が目の前に! 必死に理性を保とうとする公平に、未央が囁く。「公平の“それ”…私に入れてくれない?」
罪の淵
一回のセックスで300円。貯めた金額、20万円。「抜け出す…この地獄から…」――5歳で両親に捨てられ、児童養護施設で育った希望(のぞみ)。彼女は、夜ごと男たちに奉仕する悪夢のような日々を送っていた。二十歳のある夜、ついに施設を脱走した希望は、外の世界で出会った男・前澤と恋に落ちる。好きな人に抱かれる喜び、二人で未来を語り合う幸せ。…しかし、希望は知らなかった――それが、さらなる地獄の始まりだということを。
同居
「彼女の乱れていく表情を見てみたい… 」――性欲旺盛だけど童貞で彼女もいない21歳、川下慎之介。そんな彼の部屋に、高校時代の親友・倫太郎が転がり込んできた。しかも、エロエロな彼女・由衣を連れて――! 慎之介の目の前で親友カップルはイチャつきまくり。夜は由衣の喘ぎ声が隣の部屋から筒抜け……。童貞にはつらすぎる日々を送っていたある日、倫太郎が仕事でしばらく帰れないという。つまり俺は…エロすぎる親友の彼女と二人きり!?
隣の少女
「祐一さん…今夜、泊めてもらえませんか?」そう言って、隣の少女が訪ねてきた。しゃがんだら全てが見えてしまいそうな格好で…――妻を亡くして以来、一人暮らしをしている小説家・高梨祐一(40歳)。隣に住む少女・晴香はただの隣人であり、特別な感情は持っていなかった――偶然にも晴香の『スカートの下の秘密』を知ってしまうまでは…。
枯れ花の詩
あなたを想うとき、この身は引き裂かれそうになる――。戦時中の日本、夫を待つ女の元に現れた麗しきひと…それは娘の恋人だった…。あなたを想うとき、この身はひきさかれそうになる。この身が枯れようとも、あなたへの想いは永遠に――鳴呼、あなた…私を迎えにきてください。いえ、それは許されぬこと…娘の彼といけない関係に…。匂い立つ艶熟女の背徳の愛昭和18年――■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。
砂漠の女神
幸せな家族が一人の女によって崩壊していく…。美人の妻を持ち、会社では課長のポジションにつき順風満帆な真也。ある日、玲奈が新入社員として現れた時から、その幸せは崩れていく…■目次・砂漠の女神 第一話 幸せな家族が一人の女によって崩壊していく…・砂漠の女神 第二話 入社してきた謎の美女が善良な男の心をかき乱す!・砂漠の女神 第三話 玲奈の「秘密」を知り、とまどう真也■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。
女工哀歌 涙で前が見えずとも、生きねばならぬ地獄道
1920年(大正9年)頃から世界的大恐慌は広がり日本の農村は悲惨であった。米価の低迷、凶作が追い打ちをかけ、血税の上借金苦となって…。娘の身売り、口減らし、餓死、自殺が後を絶たなかった。日本が産業革命を進め「富国強兵」を成し得たカゲには低賃金があった。製糸、紡績等の労働者の大多数は女工で、農村からの出稼ぎ流出が担っていた。その労働条件たるや劣悪で、1日16時間、7時間食事は15分程度フルに身体を酷使してノルマを達成するには厳しく深夜まで働きその過酷さで身体の弱い者は次々と倒れ死に至っていた。企業側は生産、能率アップで利益につながり彼女ら女工は「借金奴隷」であった。そうした劣悪な環境に田舎の農家で育った16歳の咲は身売りされるのであった。■目次・前編 涙で前がみえずとも、生きねばならぬ地獄道・中編 地獄を抜け出しても、そこに待っていたのは、さらなる地獄・後編 少女から大人になったお咲、ついに羽ばたく…■画 ケン月影
昭和に咲く女の華
昭和に咲く女の華1――敗戦から一年余りの東京未だ手つかずの焼け野原雨、露だけは凌げるバラック建てが軒を連ねていた。瓦礫が整理された所は自然と人が集まり、溜まりとなって闇市が建ち、あらゆるものが売買されていた。しかしお金も無く、金に替えるものも無いものは浮浪者となって浮浪児らに混じり残飯をあさるしかなかった。空襲を生き延び、飢えを凌いで敗戦の虚脱に耐えた後にもこうした生き地獄があり、当然そこには置き引きかっぱらいに走り、腕力のある者は引ったくり強盗、恐喝と豹変するしか糧を得られなかった。ことに女一人糧を得るには身を売春より手段はなかった…■目次●昭和に咲く女の華 第一話 たくましくも儚い「パンスケ」の生き様●昭和に咲く女の華 第二話 サチを待ち受ける、さらなる危機●昭和に咲く女の華 第三話 サチと男の運命が、音もなく動き出す…●昭和に咲く女の華 第四話 やっと女の幸せが訪れたサチに忍び寄る、不穏な影が…■画 ケン月影
大奥暴れ女情 清純なる娘の仇討ち物語
大奥暴れ女情~清純なる娘の仇討ち物語~官能時代劇時は天保二年(一八三一年)十一代将軍・徳川家斉(61歳)絶倫将軍と渾名され側近四十余名を抱えていた。江戸城は、表、中奥、奥という区分で構成され幕政の執務所が表中奥が将軍の公邸奥が将軍の私邸、つまり本丸だけが大奥と呼ばれていたのである。大奥へは平河門(御局御門)を抜け七ツ口で厳しいお調べを受け出入り出来た…そして御錠口を入るとそこから大奥男子禁制の女の縮図、権力、嫉妬欲望が絡み合い陰湿な策謀、確執が織り成す伏魔殿である。美里は誓紙(誓約書)の約定を誓わされると…身体を改めて強要された大奥女中は十六才からで秘処お調べはすでに破瓜か処女で生娘のままかを確かめるのである美里を雇ってくれた主人「表使」篠乃井のはからいで美里は武家の出を控え町屋の魚屋源兵衛なる親の娘として名を美里の里を取りお里と改めた。■目次●大奥暴れ女情 第一話 清純なる娘の仇討ち物語●大奥暴れ女情 第二話 大奥に逃げ込んだ美里に過酷な試練が待ち受けていた!●大奥暴れ女情 第三話 悲しみに暮れるお里が出した決断とは…■画 ケン月影
大江戸四十八手絵巻
大江戸四十八手絵巻1巨大な悪が生娘を狙う!おまんの生い立ちには何が隠されているのか。謎の女性が、侍から追いかけられ自殺。その死の意味とは。誰から、なぜ追われているのか。侍の知りたがる情報とは。【登場人物】・おまん 長屋に住む純粋な娘だが、出生に秘密がある。・おつね おまんの幼なじみでマセている。・五郎  おまんへの恋心をひそかに抱く幼なじみ。今回紹介される『四十八手』八ツ橋/本茶臼/獅子舞■目次・大江戸四十八手絵巻 第一話 巨大な悪が生娘を狙う!・大江戸四十八手絵巻 第二話 幸せな人生に忍び寄る黒い影…・大江戸四十八手絵巻 第三話 娘の復讐劇が幕を開ける■画 ケン月影
背徳カタルシス
気持ちのいいキスってなに?明日もきっとこうやってキスするんだよね…朱那は彼氏の異常なまでの束縛に無感情になっていく。そんな時、家庭教師の先生が家に来ることに…「俺が教えてやる、勉強もそれ以外のことも」え?この人何言っているの…?妖艶さをまとった楠先生の言葉や態度に次第に朱那は…!?
あるひ、めざめたら
「あの夜も、綾瀬の体、壊れちゃうんじゃないかと思った…」ある日、目覚めたら横にあなたが寝ていました。クールな上司には完全に子ども扱いされ、女としては見て貰えていないと思っていたのに…ちょっぴり切なく、ビターな大人なオフィスラブが始まりました!?
Colorful!
切ない恋、可愛い恋、大人の恋、色とりどりの新しい恋の物語が始まります!web雑誌「Colorful!」創刊!「その取り澄ました顔…めちゃめちゃにしてやりたくなる」体育倉庫で律希はすみれに言った。学校一のモテ男子、律希と友達の中でゲームが始まった。二人の切ない恋物語「その笑顔好きじゃない」/「あんまり挑発すんなよな…理性がとんだらどうするんだっ」と周藤くんは怒って言うけど、「そしたらどうなるの?」と私は問い詰める。学年一の優等生カップルが”はじめて”を真剣に考えます「まじめだけど、したいんです!」他3作品を含む全5作品、全編描き下ろしの連載スタート。
君が何度も××するから
「何回ヤったと思ってるんだよ」隣人の神谷は初対面の私に言った…。葉山椎は広告会社に勤める27歳OL。仕事がハードで終電帰りは日常茶飯事。そんなある日、終電の中で眠っていた椎を見知らぬ男性が起こしてくれる。そして、その男性は椎のアパートの隣室に越してきた神谷梓だった。初対面なのに椎の身体の隅々まで知っているのは何故!?その神谷には驚くべき秘密があって…!