愛する人に触れられない~禁断の花~

愛する人に触れられない~禁断の花~

「私の身体は毒でできているの…」青花の純粋過ぎる初めての恋の相手は年上の博士(ドクター)の諒だった…狭い世界で生きていた青花にとって諒は人として女性としての幸せを教えてくれた人。「諒さえいれば何でも出来る」夜の街で生きる青花はその身体を利用して人に”毒”を運ぶ。青花はどんなに愛しても大好きな諒には触れる事が許されない身体…甘く切ないミステリーロマンスがここにスタート!
桑原君に親友なんてぜったいできない

桑原君に親友なんてぜったいできない

セレブで名門校の「栄光高校」に転校してきた成績優秀な桑原くんの夢は親友を作ること。親友を作るのは恋人を作る以上に難しいしもの。心理学者や哲学者よりもたった一人の親友の声を聞きたい…名門校に桑原君は期待を膨らませるが待ち受けていたのは…授業中なのにライブを始めたり、勝手に体育をやりだしたり…個性的でおバカな男子の巣窟だった!?優等生の桑原くんがクラスメイトの金髪でイケメンの遊佐やその仲間のおバカな男子高校生たちと繰り広げる友情ラブ(?)コメディ!
秘密のふたり

秘密のふたり

「よく、見せて?」と私の顔をじっと見ながら藤馬君は言った…吹奏楽部の新谷あい子は同級生の藤馬君の秘密を偶然、知ることになる。気になる男の子の私だけが知る秘密に胸がドキドキする…大人気作品「まじめだけど、したいんです!」の作家、嘉村朗が学生の甘くて少しほろ苦い淡い恋心を描いた作品。
高嶺の花男くん

高嶺の花男くん

ごく普通のJK・遥にはヒミツがある。それは、同じクラスのダサメガネ男子・佐野壮汰と幼なじみでお隣どうしということ。しかも、ダサい佐野は仮の姿で、本当は大人気モデルなのだ。「今までずっと隣にいたのに」──昔から知る幼なじみの素顔と、人気モデルとしての顔。知れば知るほど“好き”が募るのに、君を遠く感じるのはどうして…? 幼なじみ→人気モデル×JKの胸きゅん必至な純愛。
本当のキス

本当のキス

「お前、飢えている顔にみえたけど」咲良は10年振りに再会した幼馴染のリュウにそう言われ抱きしめられる。突然、暴走したリュウは…!?優しくて恰好良くて咲良の心の支えだったリュウは緒方組の次期組長になることになっていた…「本当のリュウを知りたい…」変わってしまった幼馴染をあなたは愛せますか?甘く切ない本格ラブストーリーが始まる!
キスしたら壊れるのは分かっていた。

キスしたら壊れるのは分かっていた。

「お前が泣くなら迷わない」──夫のエスカレートする束縛の毎日に疲れてしまった愛生。復帰した仕事先で偶然出逢ってしまった大好きだった元カレの修二。「何でそんなに私のことを分かってしまうの?」愛生は修二と会う度に心が苦しくなる。あなたとまたキスをしなければ何も壊れなかったのに…
リア恋しなくちゃダメですか?!

リア恋しなくちゃダメですか?!

「幸せになりたい――」吉野光莉(29歳)は夢なし金なし彼氏なし。アイドルグループ「カラフル!」のメンバー・町田亜星を応援することを楽しみに生きている。そんなある日出会ったのは、まさかの亜星くん本人!?…ではなく、亜星にそっくりな19歳の医大生・松岡壱星だった。「これは運命の出会いってやつ?いやいや10コも下なんてナシでしょ!」年下のくせに生意気で、自信家で、ドキドキさせられて…。年の差あり、格差ありのラブストーリー!
恋文ラビリンス

恋文ラビリンス

忘れられない恋を小説にしたら…目の前に初恋の人が編集担当として現れて…圭吾の強引な提案に一花はドキドキしっぱなし!?好きで好きで忘れられなかった人・圭吾から一花の小説には恋愛の描写にリアリティがないと迫られ、仮の恋人になることを約束させられるが…
まじめだけど、したいんです!

まじめだけど、したいんです!

「あんまり挑発すんなよな…理性がとんだらどうするんだっ」と周藤くんは怒るけど、「そしたらどうなるの?」と佳織は興味津々。2人っきりの部屋で無意識に挑発する佳織に周藤くんは…「周藤くん…もしかして感じてるの?」佳織は真っすぐな瞳で周藤くんを見つめる。その時、周藤くんは…超優等生カップルの恋の行方は?
幸村恋ものがたり~赤色恋愛クロニクル~

幸村恋ものがたり~赤色恋愛クロニクル~

「女としての人生は、髪と一緒に捨てました」お家再興を誓い、女一人で戦場に向かったお初が出会ったのは、あの真田幸村だった。舞台は大坂城。お初は裏切り者と疑われる幸村の監視役を命じられ、初めは幸村を警戒するお初だったが近づけば近づくほど、知れば知るほど幸村に惹かれていく…。「私には使命がある。なのに…」武将・真田幸村が見せる本当の顔とは―?大坂城・真田丸で繰り広げられる戦いの中で、揺れ動く乙女心を描いた歴史ラブロマンス!
その笑顔好きじゃない

その笑顔好きじゃない

「その取り澄ました顔…めちゃめちゃにしてやりたくなる」体育倉庫で律希はすみれに言った。学校一のモテ男子の律希と友達との間でゲームが始まった。それは校内中でビッチと噂されるすみれを”落とす”ことだった。律希はすみれに近づくにつれ、表情のないはずのすみれの素顔を知ることになる。心に傷を持つ二人の切ない恋物語。
サセラレ妻

サセラレ妻

「君に…洋介と浮気して欲しいんだ」上手くいかない夜の生活の解決策は妻を浮気させること…!?偶然再会した友人・洋介を誘って出かけた旅行先で妻の京子が洋介に寝取られているところを目撃してしまった剛。しかしその光景に彼は、怒りと同時にかつてない興奮を覚えてしまう…。葛藤の末、剛は自分の歪んだ性癖を満たすために、京子に「浮気してくれ」と頼むが――
火遊び

火遊び

「結婚…しないで下さい」初対面の男に迫られているのに、どうして私、拒めないの…?――玲の婚約者は、アメリカ名門大学卒の誰もが羨む有名企業で働く超エリート。だけど中身は最低のDV&モラハラ男だった…。そんな男との結婚を前に憂鬱な日々を送っていた玲は、友人の紹介で出会った美術講師・田上と一夜の過ちを犯してしまう。「私たち今、火遊びをしているみたい…」――ただ一度の関係だったはずの小さな火種は、やがてすべてを焼き尽くす業火へと変貌してゆく…
ハニートラップ

ハニートラップ

底辺の女たちに悪魔が囁く――「ようこそ新規事業説明会へ。その名も…“ハニートラップ”!」借金、暴力、裏切り、自殺…生きる希望もなく人生のどん底にいる4人の女たちの前に現れた、中国語を話す謎の男とその部下。男たちはとある違法ビジネスを提案する。「俺らと組めば、大金が手に入る」オンナの武器を駆使して、お金持ちから心、身体、金…その全てを奪い尽くそうとするも――!?
インモラル

インモラル

「お兄ちゃん、私を…抱いてくれる?」――血の繋がらない兄妹・英佑と菜里。互いを想い合うも、家族から拒絶され、離れ離れに…。数年後、兄の英佑が婚約者を連れて突然帰ってきた。いまだ、兄のことを想う菜里。忘れられたと思っていた“あの頃の気持ち”に突き動かされる英佑。消し去ろうとしていたかつての過ち…狂った時計の針が「二人の再会」をきっかけに再び動き始める…!
Heaven

Heaven

淫欲にまみれた女たちを満たすため、俺はセックス(仕事)をする―――。ある日突然、俺と妹を残して母が失踪した。残された多額の借金を返すため、俺は闇金の奴隷になった。たどり着いたのは「Heaven」と呼ばれるホストクラブ。そこは、カネと酒、女の欲望がうずまく異様な場所だった…。大金を出し結人(ゆいと)を買うセレブ妻たち。「ねぇ、抱いて…?」――ここは「天国」か「地獄」か!?
24時のイタズラな彼女

24時のイタズラな彼女

「私…あなたのこと、どうにかしちゃうかも…」突然キスをしてきて、彼女はそう言った。あの日から俺は彼女のことが忘れられない…。そして4年後、再会した彼女・早川セナは、ますますキレイになっていた…! 仕事中にキスしてきたり、胸を触らせてきたり、めちゃくちゃな誘惑をするセナに、俺はだんだん惹かれていく――完璧な恋人・ユカリとの間で揺れ動く気持ち、三角関係の結末は――
ストックホルムシンドローム

ストックホルムシンドローム

“歪んだ誘惑”に惹き込まれていく――。深夜まで続いた残業終わり、誰もいないオフィスの一角に明かりの漏れる部屋。ドアの隙間から覗くと…そこには――常務と交わる、淫らな姿の黒木課長がいた。日中の彼女とは全く異なる姿に息を呑み、時計の針が止まったかのように釘付けになる――そして、目が合った彼女はそっと唇に指を当て、静かに微笑む。そんな彼女に俺は…
花魁炎上

花魁炎上

完全描きおろし!わちきの人生枯れ花でありとなっていたんした ・ ・ ・でも ・ ・ ・踏まれようが、焼かれようが最後にひと花咲かせましょう。時は天保―――全国的に農村では大凶作が続き飢饉となっていた。年貢、借財に喘ぎ口減らしや身売りが相次ぎ困窮化していった。■目次・花魁炎上 第一話 劇画界の巨匠が描く「女たちの地獄」・花魁炎上 第二話 おっ母ちゃん、帰りたい ・ ・ ・ 地獄に落とされた幼い娘の過酷な日々が幕を開ける! ・花魁炎上 第三話 花魁をはじめて見たあの日、 幼かったわっちの中の女が目を覚ましたのでありんした■作画 ケン月影
Hメイト

Hメイト

15年来の幼馴染である未央と公平。愚痴を言い合い、下ネタで盛り上がる――二人は、男と女でありながら『親友』だった。しかしその関係は、彼氏に裏切られた未央が公平の家に転がり込んできた日から一変する。傷心の未央に添い寝していると…彼女の太ももが股間に当たる! 柔らかそうな胸元が目の前に! 必死に理性を保とうとする公平に、未央が囁く。「公平の“それ”…私に入れてくれない?」
罪の淵

罪の淵

一回のセックスで300円。貯めた金額、20万円。「抜け出す…この地獄から…」――5歳で両親に捨てられ、児童養護施設で育った希望(のぞみ)。彼女は、夜ごと男たちに奉仕する悪夢のような日々を送っていた。二十歳のある夜、ついに施設を脱走した希望は、外の世界で出会った男・前澤と恋に落ちる。好きな人に抱かれる喜び、二人で未来を語り合う幸せ。…しかし、希望は知らなかった――それが、さらなる地獄の始まりだということを。
同居

同居

「彼女の乱れていく表情を見てみたい… 」――性欲旺盛だけど童貞で彼女もいない21歳、川下慎之介。そんな彼の部屋に、高校時代の親友・倫太郎が転がり込んできた。しかも、エロエロな彼女・由衣を連れて――! 慎之介の目の前で親友カップルはイチャつきまくり。夜は由衣の喘ぎ声が隣の部屋から筒抜け……。童貞にはつらすぎる日々を送っていたある日、倫太郎が仕事でしばらく帰れないという。つまり俺は…エロすぎる親友の彼女と二人きり!?
隣の少女

隣の少女

「祐一さん…今夜、泊めてもらえませんか?」そう言って、隣の少女が訪ねてきた。しゃがんだら全てが見えてしまいそうな格好で…――妻を亡くして以来、一人暮らしをしている小説家・高梨祐一(40歳)。隣に住む少女・晴香はただの隣人であり、特別な感情は持っていなかった――偶然にも晴香の『スカートの下の秘密』を知ってしまうまでは…。
枯れ花の詩

枯れ花の詩

あなたを想うとき、この身は引き裂かれそうになる――。戦時中の日本、夫を待つ女の元に現れた麗しきひと…それは娘の恋人だった…。あなたを想うとき、この身はひきさかれそうになる。この身が枯れようとも、あなたへの想いは永遠に――鳴呼、あなた…私を迎えにきてください。いえ、それは許されぬこと…娘の彼といけない関係に…。匂い立つ艶熟女の背徳の愛昭和18年――■画 ケン月影週刊実話で連載作品の電子化。