北条早雲

北条早雲

戦国武将の先駆者として名高い名将・北条早雲(ほうじょう・そううん)の生涯を迫力の筆致で描きあげた戦国ロマン。応仁文明の乱により廃墟と化し、略奪・暴行が横行する京の街で、のちに北条早雲となる伊勢新九郎(いせ・しんくろう)は下郎達に襲われる姫・小笠原冴(おがさわら・さえ)を救う。真の武士、本当の人間として生きることを願う新九郎は、戦乱の京、公家のための都を捨て、遥か東の地、武士が全国を統べる幕府を打ち建てた鎌倉を目指すが……!?
金四郎無頼桜

金四郎無頼桜

心優しき無頼漢であった若き日の「遠山の金さん」が、次々と難事件を解決していく活躍を描いた痛快娯楽時代劇。格式ある武家の生まれでありながら、義理の兄弟に家督を譲るため無頼の徒となった遠山金四郎(とおやま・きんしろう)。美少女目明し・琴音(ことね)を手伝いながら、事件を解決するごとに桜の花びらを一枚彫る金四郎の背中が満開の桜吹雪となるのはいつなのか?
前田利家

前田利家

戦国の世に男の一義を貫いた「槍の又左」の異名を持つ前田利家(まえだ・としいえ)の生涯を、史実に基づいた独特の構成力で描きだした戦国ロマン。のちに前田利家となる少年・犬千代(いぬちよ)は、容姿端麗にして頭脳明晰な子供であったが、喧嘩好きな“かぶき者”に育つ。ある日、犬千代は道中で出会ったかぶき者を叩きのめすが、そのかぶき者こそ自分が仕えることになる織田信長(おだ・のぶなが)だった……。
伊達政宗

伊達政宗

「独眼竜」と恐れられた戦国武将・伊達政宗(だて・まさむね)の生涯をダイナミックに描きあげた戦国ロマン。のちに伊達政宗となる少年・梵天丸(ぼんてんまる)は、顔に残る疱瘡(ほうそう)の跡を母から嫌われて右目を自ら刀で傷つけようとする。それを止めた僧侶から独眼竜の話を聞いた梵天丸は、人を超える存在として生きると決意する。そして、家督を継いだ政宗は、天下を担うために奥州制覇を目指して……!?