一番下のコメントへ

アメコミ、バンド・デシネ、ウェブトゥーン何でも来い!:raising_hand_woman:
日本で活躍する外国人作家、SNSで気になるアーティスト、コミコン、この国ではこの漫画が人気、翻訳された日本の漫画、旅行先で見つけた漫画などなど、海外・外国語に関する話題なら何でもありです。

おすすめ作品を書いたり、メモ代わりに使ったり、質問したりしましょう!

ただし海賊版、テメーはダメだ
(引用などは正規のサイトからお願いします!)

1/5ページ
<<
<
1/5ページ
>
>>

バンドデシネ翻訳者・大西愛子さんのスペシャルトーク

ヤンマガで始まる虎鶫(とらつぐみ)、ヤンマガっぽくないのも含めてすげー気になるな。

海外マンガだとLINEマンガで読める『神之塔』と『復活する男』が自分の中でツートップかな

海外マンガだとLINEマンガで読める『神之塔』と『復活する男』が自分の中でツートップかな

@名無し

復活する男メチャクチャいいな…!
ローカライズされてないし構図も迫力あって好きだわ。
いかにもデジタルって感じじゃない線と塗りもいい

ヤンマガで始まる虎鶫(とらつぐみ)、ヤンマガっぽくないのも含めてすげー気になるな。 https://twitter.com/ippatu358/status/1351004046048567296

ヤンマガで始まる虎鶫(とらつぐみ)、ヤンマガっぽくないのも含めてすげー気になるな。 https://twitter.com/ippatu358/status/1351004046048567296

@名無し

フランスで先行大ヒットってすごいね
女の子かわいいしSFだし気になる

フランスで先行大ヒットの超本格SFスペクタクル‼ はるか未来──、永きにわたり人の踏み入らぬ”魔境”となった地、「旧日本」。 無実の罪で死刑囚となったレオーネは、「成功か死か」の極秘任務を背負わされ、かの地に降り立った。 タイムリミットは1年間。限界突破サバイバル、スタート!!!!


フランスの出版社Ki-oonで連載されている「魔女のエデン(L'Éden des sorcières)」
これLost Childrenと同じで数年後に日本で出版されるパターンかな?

普通に日本語版持ってるのにフランス語版も欲しくなる…メチャクチャ雰囲気いい

レジンコミックスとかToomicsとか最近よく広告見かけるんだが(ちょっとエッチなやつが多い)あれはComicoみたいにオリジナル作品メインな感じなのかな
使ってる人いたらきいてみたい

レジンコミックスとかToomicsとか最近よく広告見かけるんだが(ちょっとエッチなやつが多い)あれはComicoみたいにオリジナル作品メインな感じなのかな 使ってる人いたらきいてみたい

レジンコミックスとかToomicsとか最近よく広告見かけるんだが(ちょっとエッチなやつが多い)あれはComicoみたいにオリジナル作品メインな感じなのかな 使ってる人いたらきいてみたい

@名無し

>(ちょっとエッチなやつが多い)

感想が全く一緒で笑った
少なくともレジンはレジンでレーベル持ってて書籍出版してるからオリジナルがメインなんだと思う

今気づいたけどレジンコミックスのwiki予想外に読み応えあってスゲー面白いな
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

【クイズ】サンデー連載作品で「米国や東南アジアで『なぜか』人気」と小学館自体も首をひねる漫画があります。何でしょう?

画像は「月刊 創」2月号です。こういう特集をしてるのだ。 米国や東南アジアで「どういうわけだか」売れてるサンデー漫画とは? それから『週刊少年サンデー』で連載されている・・・・・・・・・・のコミックスが、アメリカや東南アジアで売れ行きが伸びています。 ・・・・・・・・の、日本的な話なんですが、...

レジンコミックスとかToomicsとか最近よく広告見かけるんだが(ちょっとエッチなやつが多い)あれはComicoみたいにオリジナル作品メインな感じなのかな 使ってる人いたらきいてみたい

レジンコミックスとかToomicsとか最近よく広告見かけるんだが(ちょっとエッチなやつが多い)あれはComicoみたいにオリジナル作品メインな感じなのかな 使ってる人いたらきいてみたい

@名無し

やっぱバナー広告エッチすぎるわ

中世の呪いと共に現れた老人騎士!その呪いを解くには、騎士とセックスをすること…!?


イタリアマンガ家

1945年から社会主義体制が確立し、1991年から始まった内戦によって解体されたユーゴスラビア連邦人民共和国では、「アラン・フォード」というイタリアのコミックがカルト的な人気を誇っていました。世界的には売れなかったものの、ユーゴスラビア内では独自文化すら形成されていたというアラン・フォードにつ...

今日発売の『IDEA No.393』が海外マンガ特集らしい
知ってる作家が何人かいるし買って読みたいな

マチュー・バブレ/Mathieu Bablet
ペネロープ・バジュー/Pénélope Bagieu
ダニエル・クロウズ/Daniel Clowes
ニック・ドルナソ/Nick Drnaso
アンナ・フィスケ/Anna Fiske
キム・ジェンドリ・グムスク/Keum Suk Gendry – Kim
リトルサンダー/Little Thunder
リチャード・マグワイア/Richard McGuire
メルワン/Merwan
ルネー・ノールト/Renee Nault
ルーク・ピアソン/Luke Pearson
シリル・ペドロサ/Cyril Pedrosa
ダヴィッド・プリュドム/David Prudhomme
パコ・ロカ/Paco Roca
ティー・ブイ/Thi Bui
エイドリアン・トミネ/Adrian Tomine
バスティアン・ヴィヴェス/Bastien Vivès
ティリー・ウォルデン/Tillie Walden

http://www.idea-mag.com/idea_magazine/393/

1/5ページ
<<
<
1/5ページ
>
>>
コメントする