icon_reread
また読みたい
フォロー
スキャンダル症候群(シンドローム)1
大ヒットドラマの制作班からドキュメンタリー番組のディレクターへと突然の異動を命じられ、新人アイドルユニット『スピカ』の密着取材をすることになった瀬戸。やるせない気持ちのまま撮影に臨む瀬戸の目に映ったのは、アイドルの時のキラキラした姿とは違い、ファインダーの外側では“超”が付くほど引っ込み思案なアイドル・沖花 都の意外な素顔だった。素直で、素朴で、どこか脆くて…。そんな都を心配する相方の竜二は、瀬戸に<とある取引>を持ち掛ける。なぜか都の部屋で二人きりにされてしまった瀬戸。その上に跨る都の頬は熱を秘め、瞳は潤み、薄く開いた口元からは甘い吐息が漏れ――…「お願…いっ このま、ま…っ …もっと」 誰も知らないアイドルの裏の顔。だけど、それには理由があって…?
スキャンダル症候群(シンドローム)2
大ヒットドラマの制作班からドキュメンタリー番組のディレクターへと突然の異動を命じられ、新人アイドルユニット『スピカ』の密着取材をすることになった瀬戸。やるせない気持ちのまま撮影に臨む瀬戸の目に映ったのは、アイドルの時のキラキラした姿とは違い、ファインダーの外側では“超”が付くほど引っ込み思案なアイドル・沖花 都の意外な素顔だった。素直で、素朴で、どこか脆くて…。そんな都を心配する相方の竜二は、瀬戸に<とある取引>を持ち掛ける。なぜか都の部屋で二人きりにされてしまった瀬戸。その上に跨る都の頬は熱を秘め、瞳は潤み、薄く開いた口元からは甘い吐息が漏れ――…「お願…いっ このま、ま…っ …もっと」 誰も知らないアイドルの裏の顔。だけど、それには理由があって…?
スキャンダル症候群(シンドローム)3
大ヒットドラマの制作班からドキュメンタリー番組のディレクターへと突然の異動を命じられ、新人アイドルユニット『スピカ』の密着取材をすることになった瀬戸。やるせない気持ちのまま撮影に臨む瀬戸の目に映ったのは、アイドルの時のキラキラした姿とは違い、ファインダーの外側では“超”が付くほど引っ込み思案なアイドル・沖花 都の意外な素顔だった。素直で、素朴で、どこか脆くて…。そんな都を心配する相方の竜二は、瀬戸に<とある取引>を持ち掛ける。なぜか都の部屋で二人きりにされてしまった瀬戸。その上に跨る都の頬は熱を秘め、瞳は潤み、薄く開いた口元からは甘い吐息が漏れ――…「お願…いっ このま、ま…っ …もっと」 誰も知らないアイドルの裏の顔。だけど、それには理由があって…?
スキャンダル症候群(シンドローム)4
大ヒットドラマの制作班からドキュメンタリー番組のディレクターへと突然の異動を命じられ、新人アイドルユニット『スピカ』の密着取材をすることになった瀬戸。やるせない気持ちのまま撮影に臨む瀬戸の目に映ったのは、アイドルの時のキラキラした姿とは違い、ファインダーの外側では“超”が付くほど引っ込み思案なアイドル・沖花 都の意外な素顔だった。素直で、素朴で、どこか脆くて…。そんな都を心配する相方の竜二は、瀬戸に<とある取引>を持ち掛ける。なぜか都の部屋で二人きりにされてしまった瀬戸。その上に跨る都の頬は熱を秘め、瞳は潤み、薄く開いた口元からは甘い吐息が漏れ――…「お願…いっ このま、ま…っ …もっと」 誰も知らないアイドルの裏の顔。だけど、それには理由があって…?
スキャンダル症候群(シンドローム)5
大ヒットドラマの制作班からドキュメンタリー番組のディレクターへと突然の異動を命じられ、新人アイドルユニット『スピカ』の密着取材をすることになった瀬戸。やるせない気持ちのまま撮影に臨む瀬戸の目に映ったのは、アイドルの時のキラキラした姿とは違い、ファインダーの外側では“超”が付くほど引っ込み思案なアイドル・沖花 都の意外な素顔だった。素直で、素朴で、どこか脆くて…。そんな都を心配する相方の竜二は、瀬戸に<とある取引>を持ち掛ける。なぜか都の部屋で二人きりにされてしまった瀬戸。その上に跨る都の頬は熱を秘め、瞳は潤み、薄く開いた口元からは甘い吐息が漏れ――…「お願…いっ このま、ま…っ …もっと」 誰も知らないアイドルの裏の顔。だけど、それには理由があって…?
スキャンダル症候群(シンドローム)6
大ヒットドラマの制作班からドキュメンタリー番組のディレクターへと突然の異動を命じられ、新人アイドルユニット『スピカ』の密着取材をすることになった瀬戸。やるせない気持ちのまま撮影に臨む瀬戸の目に映ったのは、アイドルの時のキラキラした姿とは違い、ファインダーの外側では“超”が付くほど引っ込み思案なアイドル・沖花 都の意外な素顔だった。素直で、素朴で、どこか脆くて…。そんな都を心配する相方の竜二は、瀬戸に<とある取引>を持ち掛ける。なぜか都の部屋で二人きりにされてしまった瀬戸。その上に跨る都の頬は熱を秘め、瞳は潤み、薄く開いた口元からは甘い吐息が漏れ――…「お願…いっ このま、ま…っ …もっと」 誰も知らないアイドルの裏の顔。だけど、それには理由があって…?