ダルちゃん(1)
普通の人に「擬態」しても、生きづらい。ダルダル星人の姿を隠して、一生懸命に「働く24歳女性」に「擬態」するダルちゃん。ダルちゃんは「普通」じゃない。そのままの姿だと気持ち悪がられます。だから社会のルールを一生懸命覚えて、居場所を探します。誰かに合わせて生きていると、自分が本当は何を考えているのかわからなくなるけれど、それで相手が喜んでくれているのなら、人に合わせることの、何がいけないのだろう――。資生堂のウェブ花椿にて2017年10月~2018年10月に連載されていた本作。連載時より「しんどいけれど、読む手がとまらない」「ダルちゃんは、私だ」と大反響の声が集まった傑作コミックを、フルカラーで単行本化。孤独への強烈な自覚のある人物が創作に目覚める過程を通じて、自身の「ほんとうの言葉」を獲得していく姿は、圧巻です。くるおしいほどの切実さが胸に迫る傑作コミック。
ダルちゃん(2)
わたしを真に幸福にするのは、誰なのだろう ダルダル星人の姿を隠して、一生懸命に「働く24歳女性」に「擬態」するダルちゃん。初めての友人や、恋人、そして詩の創作と出会うことで、「ほんとうの言葉」を見つけていきます。生きづらさに何度も打ちのめされそうになっても、「表現する」ことが、わたしを救ってくれる。そして、少しずつ、世界は、これまでと違って見え始める―― 資生堂のウェブ花椿にて2017年10月~2018年10月に連載されていた本作。連載時より「しんどいけれど、読む手がとまらない」「ダルちゃんは、私だ」と大反響の声が集まった傑作コミックを、フルカラーで単行本化。自分を真に幸せにするのは、誰なのか。その答えに自ら辿り着こうとする姿に心揺さぶられます。希望が射す圧巻の物語完結編。
また読みたい
フォロー