蛇おんな~伝説の90年代エログロ・レディース劇場

へびおんなでんせつのきゅうじゅうねんだいえろぐろれでぃーすげきじょう
最新刊:
2018/12/01
へびおんなでんせつのきゅうじゅうねんだいえろぐろれでぃーすげきじょう
蛇おんな~伝説の90年代エログロ・レディース劇場
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『蛇おんな~伝説の90年代エログロ・レディース劇場』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
蛇おんな~伝説の90年代...
蛇おんな~伝説の90年代エログロ・レディース劇場
鹿野景子
鹿野景子
唐沢俊一
唐沢俊一
あらすじ
医師の数彦を二人の女が取り合っていた。一人はフェラチオ上手な天才女医の祐子。もう一人は院長の娘で金持ちな上に名器持ちの摩耶。どちらにしようか決め難く、数彦は密かにごく普通の看護師女性とつきあっていた。そんなとき、摩耶が大きな交通事故を起こし、脳に大損傷を負って意識不明状態になってしまう。狼狽する父親の院長だったが、そこへ祐子が驚くべき提案をする。蛇を使った実験では成功した脳細胞を再生させる治療を摩耶に施そうというのだ。藁にもすがる思いでそれを許諾する院長。すると、なんと施術は成功、摩耶は意識を取り戻すのだが、まだ言葉を発することはできず、立ち居振る舞いもなんだか不気味だ…そう、まるで蛇を思わせるような…? そしてさらに治療を進めるべく、脳細胞に刺激を与えるために摩耶とのセックスを数彦に要請する祐子。以前よりも締まり具合を増したその名器ぶりに悦ぶ数彦だったが、同時に恐ろしい変化が摩耶の身に…彼女の全身をウロコが覆い、たくさんの牙が生え始め…!!
蛇おんな~伝説の90年代エログロ・レディース劇場の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。