icon_reread
また読みたい
フォロー
少年はカッコウを孕む 上巻
この日、オレは初めて子供を産んだ――。人間に紛れて暮らしながら、妊娠初期の人間の女性を見つけると欲情し、体内で生成した卵を種付けする…そうして子孫をのこしているカッコウには、オスの個体しかいない。しかし、オスでも唯一産める体を持って生まれた桐矢。彼を巡り、カッコウと人間の新たな歴史が幕を開ける――!
少年はカッコウを孕む 下巻
人間に紛れて暮らしながら、托卵によって繁殖するカッコウにはオスの個体しかいない。その中で唯一産める「祖体」として生まれた桐矢は、同族からも狙われていた。泉水の友人である松葉組の若頭・鷹介の別荘にて匿われることになる。鷹介を“唯一背中を預けることのできる存在”だと語る泉水の姿に桐矢は、自分が泉水のことを何も知らないことに気が付き…。怒涛の展開から目が離せない、最終巻!