icon_reread
また読みたい
フォロー
しおりを探すページたち 1巻
これは、北の大地で巻き起こる少女たちの群像劇。辻倉ちとせは高校受験を目前に控えた中学3年生。隣町の図書館でバイトをしている、皐冬歌に淡い憧れを抱いていた。しかし、冬歌が図書館のバイトで長期の休みに入ってしまい、唯一の接点を失ったちとせは冬歌への想いを募らせる……「私、あなたのことこんなにも好きだった」憧れを胸に、冬歌を追いかけ同じ高校に合格を果たしたちとせだったが、高校で再会した冬歌はちとせを冷たくあしらって……
しおりを探すページたち 2巻
高校入学以降ちとせと会っていた冬歌は、冬歌ではなく、その双子の妹・皐朱夏だった。そして、当の冬歌は昨年亡くなっているという事実が、傷心のちとせに降りかかる。恋した相手の死と向き合い、恋した相手と同じ顔をした少女を前にして、ちとせは何を想うのか……。北の大地で巻き起こる少女たちの群像劇、堂々完結。