icon_reread
また読みたい
フォロー
空手小公子 小日向海流 超合本版(1)
【『空手小公子 小日向海流』1~5巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】怪物(マッチョ)だらけの学園に、“空手小公子”が拳を突く――!! 「スポーツ一流、偏差値四流」 ……いわゆるひとつのバカ学校、東京近郊の嶺南(れいなん)大学。イジメのせいでオリンピックの夢を絶たれたベイビーフェイスの体操競技者=小日向海流(こひなた・みのる)は、ケンカ空手の使い手=武藤竜二に惹(ひ)かれたことから、なぜだか第二空手部に入部する!! ハンパねぇ学園下克上のド真ん中!!あらゆる格闘技&武道を極めた、猛者(もさ)が出現!!海流の“天才”が花開く、格闘コメディ一直線!!
空手小公子 小日向海流 超合本版(2)
【『空手小公子 小日向海流』6~10巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】超危険遭遇―― 地下世界の王《キング》=ケビン! 沖縄合宿でのつら~い稽古(けいこ)を終えた、第二空手部の1年生たち。残りの自由時間を楽しく過ごす…… はずなのに、アクシデントがてんこもり! ブラジリアン柔術使い=ペドロ(注:ハードゲイ)がキッツい愛の実力行使!!葉山とリカちゃん、稽古の末にいいムード!?武藤に伝説の達人が!? そしてブロンド美女の策略で、地下闘技場《クラブ》に連行された海流(みのる)たちには、ブラックすぎるファイトの予感……!
空手小公子 小日向海流 超合本版(3)
【『空手小公子 小日向海流』11~15巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】最強空手軍団からの刺客襲来!!!! 最強のバイオレンス空手=鏑木(かぶらぎ)流全国大会、本選!! 小日向(こひなた)が出場する軽量級、武藤が出場する無差別級―― それぞれの階級に、講壇会館館長率いるK・O・Sから最強の刺客がやってくる。過激さゆえマイナー流派に甘んじてきた鏑木流に、ド派手なプロが居並ぶ理由…… それはなんと、第二空手部の規格外ケンカ王者=「武藤潰し」のためだというが……!?
空手小公子 小日向海流 超合本版(4)
【『空手小公子 小日向海流』16~20巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】無差別級決勝戦、勝負あり。真の勝者は……!? 最強のバイオレンス空手=鏑木(かぶらぎ)流の“頂上”を決める大一番。野性ムキ出しのド突き合いは、ついに最後の時を迎える。すでに両者の肉体は崩壊寸前、大観衆が見守る中、あまりにも壮絶な結末が待っていた……!! そして、第二空手部に“転機”来(きた)る!! 就活ダメダメ&お先真っ暗な(実は4年生の)主将・南が、ななんと「格闘AV男優」にご内定……!?
空手小公子 小日向海流 超合本版(5)
【『空手小公子 小日向海流』21~25巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】蹴ってみせるぜ下段蹴り! 耐えてみせるぜ痔(じ)の痛み!!!! たとえ就活に失敗しようとも、手取り月給=2万5000円のビンボー指導員であろうとも…… これぞ空手家・南の生きざま、なのだ!!!! 本気のパワーが(なぜか)GAGに転化しまくる、そんな南のムキムキバトルとド感動! やります、みせます、「南vs.マキンバ」!!
空手小公子 小日向海流 超合本版(6)
【『空手小公子 小日向海流』26~30巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】神に選ばれし者の階級《クラス》 ――これが超《スーパー》ヘビー級のド突き合いだ!!!! 「ケンカ空手の大暴君=武藤竜二vs.“悪魔の右”そして世界の9冠王=ジェラルド・ロップマン」戦!! なんと武藤には「戦略ゼロ」!? 殴って、殴って、殴りまくる…… 互い譲らぬ剛腕(ごうわん)ファイトには、壮絶な結末が待っていた!! そして傷だらけの小日向(こひなた)の前に、“あの”ムエタイ絶対王者が姿を現して……!?
空手小公子 小日向海流 超合本版(7)
【『空手小公子 小日向海流』31~35巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】この男が天下を獲(と)る…… かもしれぬ!? コイツが戦(や)ると、いつもとんでもないコトに!! 笑いと感動を呼ぶ男、新鋭空手家・南広樹(みなみ・ひろき)。狙うは優勝、されど狙われたら「痔(ぢ)・エンド」っ!! 白熱しまくるワンデイトーナメント“GENESIS”。空手、キックボクシング、ムエタイ、プロレス…… 格闘技界の新世代ファイターが集結だ!! 話題騒然の新人トーナメントを制し、世界に羽ばたくのは――誰だ!?
空手小公子 小日向海流 超合本版(8)
【『空手小公子 小日向海流』36~40巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】中量級日本一への近道、ワンデイトーナメント・GENESISついに決勝戦――。決勝ステージに上がったのは、鏑木(かぶらぎ)流空手同門の南と小日向(こひなた)!! 大会前の約束どおり、優勝をかけて拳を交えようとする二人。ともに空手道を歩んだ先輩と後輩が、それぞれの想いを胸にリングへ上がる……。運命のゴング、激突スタート。小日向は、南の真のチカラを見る!!
空手小公子 小日向海流 超合本版(9)
【『空手小公子 小日向海流』41~45巻を収録した超合本! ※内容はコミックス発売当時と同様です。】キック団体POKFを舞台に、小日向海流(こひなたみのる)の復帰戦がゴング! 留学のためアメリカに発つ三崎七奈(みさきなな)を安心させるためにも、小日向は必勝の覚悟でリングに上がる!! しかし、対戦相手の元ムエタイ王者・トンチャイは、破壊神の異名を持つムエタイ戦士・シンサックらと共謀。この試合を賭博の対象にして、荒稼ぎしようと画策していた! 元王者の実力は未知数! 陰謀渦巻くこのリングに、どんなドラマが待っているのか!?
空手小公子 小日向海流 超合本版(10)
【『空手小公子 小日向海流』46~50巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】命を懸けて、戦う者。平常心で、戦う者。人生の目標へ、突き進む者……。それぞれの戦いが、本物だ。――K・O・S世界一決定トーナメント準決勝で、伊吹謙悟(いぶき・けんご)とスカンダラッキーが激突ッ!スカンダラッキーは伊吹と因縁を持つサーマートのスパーリングパートナーを務め、その技術を盗み万全の状態で試合に臨む。打倒、サーマートを目標とする伊吹にとっては、絶対に負けられない戦い!そして、小日向の次なる対戦相手も明らかに!