reread
また読みたい
フォロー
「愛してる」この言葉を頭の中でもう、何万回つぶやいたことだろう。それは私にとって呼吸と同じほどになっていた。彼を誰にも渡さないわ。 ※本作品は、他コンテンツに収録されている場合がございます。重複購入にご注意ください。