icon_reread
また読みたい
フォロー
ねこ色保健室 1巻
田舎から都会へやってきた茶園すず、14歳。転校初日、全力でキメたおしゃれ薄着のせいで突然の腹痛に! 助けてくれたのは保健室の南原先生4歳。生徒の世話を焼きたくてウズウズしている! どんな悩みもギャグっと解決。保健室のニャンバラ先生にお任せ! もふもふのにゃんことわんこが待ち受ける、癒しの保健室にいらっしゃい☆
ねこ色保健室(2)
ニャンバラ先生は猫、4歳。わきの下ダルダル。腹毛はパウダースノー、肉球はポップコーンの香り。保健室の先生が猫だと、どんなお悩みもモフモフっと解決なのです! バレリーナから猫好きアイドル、タヌキの親子まで、先生の猫セラピーにまかせなさい。
ねこ色保健室(3)
保健室のニャンバラ先生は3歳、関西弁まるだし。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いという、ねこらしくウソがない性格が大変たのもしいのです。だけど本当のことしか言えないから、学園にトラブルが続出で…!
ねこ色保健室(4)
保健室のニャンバラ先生は猫・4歳。猫らしく極端に自由な性格なのに先生をしているから、学園はトラブルだらけで、茶園すずの負担が増すばかり。思い余ったすずが発した「ニャンバラ先生がもっとマトモな先生だったらよかったのに!」というコトバのせいで、先生が世界から忽然と姿を消してしまう。すずは柴犬・コタローの力を借りて先生をとりもどせるのか!? 最終巻の保健室もワクワクが止まらない!