icon_reread
また読みたい
フォロー
星食い
やたらに目の奥がキラキラするので目が覚めた。いつもどおり子供部屋で寝てたのに、気づいてみたら、窓の下に地面がない! ――夢から覚めた夢のなかで、少年は冒険の旅をする。そこは星だらけの世界。星の再生工場の主任や、若き哲学者に助けられながら、少年は家への帰り道を探すけれど……表題作「星食い」をはじめ、「W坂の幽霊」「星月夜」「多吾作ばなし」など、読むものの心を温かくしてくれる八つの短篇を収録。