icon_reread
また読みたい
フォロー
玉屋一代 花火心中(1)
花火が上がると同時に聞こえる“たーまやー”の掛け声。その起源が此処に在り!!! 一瞬に一生を懸ける男の生き様!! 江戸の二大花火師の一人、玉屋・壱兵衛。己の瞼に焼き付いた“紅い華”を追い求める―――!! その行く手に立ちはだかる鍵屋・弥兵衛…。散る潔さこそ究極の美、咲き誇るは至高の美!!! 大江戸花火師物語、開幕―――ッ!!!
玉屋一代 花火心中(2)
ときに死と隣り合わせの煙火稼業。弟子を失うも志を失うことなく、己の華火を追い求め続ける壱兵衛。火消しの息子・徳太郎や鍵屋の若旦那、花火を打ち上げる中で強まる人との縁…!!! 己の瞼に焼き付いた“紅い華”を越えられるのか!? 隅田(おお)川川開きに向け、支度は整った!!! いざ打ち上げん、豪華絢爛大江戸夜華―――ッ!!!