また読みたい
フォロー
新海誠、絶賛!! 「はげしくて、静かな奇跡。松本剛の漫画をいつも待っている」仕事・恋人・母親… 全てを失った一(はじめ)の前に現れたのは、14年前 自分と母を捨てた父と、初めて会った血のつながらない義妹・初穂。初穂の母と弟とともに長岡で一緒に暮らすことになるが、家族を乱されることを恐れる初穂は一(はじめ)に敵意を剥き出しに。複雑な関係ながら〈家族〉になろうと歩み寄る一(はじめ)だが、少女と女性の間を行き来する美しい初穂に心奪われ…… 衝動と愛情が交錯する、ひと夏の儚い恋の物語。全3巻8~10月連続刊行!
突然ともに暮らすことになった血の繋がらない義妹・初穂のあやうい輝きに、翻弄される一(はじめ)。初穂の実母の通夜の夜、同級生・奥野にキスをされる場面を目撃した一(はじめ)は、奥野を激しく殴ってしまう。一方、取り乱す一(はじめ)を目の当たりにした初穂は、頑なだった彼への態度を一変させ…? 守りたいという想いと、手に入れたいという衝動の間で揺らぐ一(はじめ)。一(はじめ)への好意を隠さない初穂。そして好意から一転、悪意を募らせる奥野はふたりを追いつめ――― 全3巻連続刊行、加速する第2集!
義妹・初穂(はつほ)への想いを自覚し苦しむ一(はじめ)と、躊躇せず一を気持ちをぶつける初穂。今までお互いみつけられなかった「居場所」となり、深まってゆくふたり。「高校を卒業するまで、待つ」―――未来への約束を交わすが、悪意に満ちた匿名の告発文が職場と学校に届き……? とめられないふたりと、それを許さない周囲。追いつめられた一と初穂が向かった先は……。静かに熱く紡がれる、かけがえのない〈ふたり〉の物語、堂々完結。