reread
また読みたい
フォロー
神社の祠を壊したことから神器「朱雀の弓」を偶然左手に宿した高校生・駿河妖介。この神器は古都・宮古野市に復活した“眷族”というあやかしを退治するため、四神のひとつ朱雀から自分の未来と引き替えに授かった特別な能力だった。妖介に残された寿命は残り1年。あらがえない宿命を背負うことになった妖介は“見鬼”の能力を持つ巫女・因幡よもぎ、神器「青龍の槍」を操る蝦夷教諭らと出会い、眷族との闘いに身を投じていく……!!!
「北に山あって玄武棲み、東に川流れ青龍棲む。南に大池あって朱雀棲み、西に大道あって白虎棲む――」。これら四神に護られている小京都・宮古野市。だがその昔封印された凶悪な眷族が鬼門より出現。住民の命を守るため「朱雀の弓」を宿した妖介、「青龍の槍」を宿した蝦夷教諭は襲い来る眷族と死闘を繰り広げていた。そんな中「玄武の盾」を宿した3人目の神器使いが現れるが、なんと彼女は年端もいかない小学生で……。
河童が出現するという噂が古都・宮古野市で囁かれ始めた。時を同じくして両目を抉られた死体が青龍川で発見され……。左腕に「朱雀の弓」を宿し10体の眷族を倒す宿命を負った妖介は、ショッピングモールで暴れる人型の眷族「瀞主」と遭遇。この眷族こそ河童の正体だったのだ。妖介は「玄武の盾」を持ついろりと共に瀞主撃退に挑むもまったく歯が立たない。すると現場に居合わせた不良少年・甲斐健二が突如“白虎”の神器を宿し……!?
左手に「朱雀の弓」を宿したことから、1年の寿命で10体の眷族を退治するという宿命を負った妖介。寿命まで残り4ヵ月を切った妖介は「青龍の槍」を操る蝦夷教諭、「玄武の盾」を持ついろり、そして新たに加わった4人目の神器使い「白虎の爪」を装備する健二とともに7番目の眷族出現の噂を聞きつけ四ヶ峰へ駆けつけた。その山中で出会った15歳の少女・大和林檎は、なんとよもぎと同じく“見鬼”の能力を持つ少女で……。
地中深くから宮古野原を襲う第8の眷族“鯰大錦”。「朱雀の弓」を左手に宿す妖介は、“見鬼”の能力を持つよもぎの目を借り、この見えない敵に矢を放つ!! 予告されている妖介の寿命もわずか2ヶ月。そんななか最悪最強の眷族“神護一族”が出現。眷族の生みの親・呪術師の六条重臣復活のために動き出す。妖介、よもぎ、そして「青龍の盾」を操る蝦夷教諭、「玄武の盾」を持ついろり、「白虎の爪」を宿す健二たちに一層の緊張が走る……!!
呪術師・六条重臣を復活させるべく、よもぎが守る六条神社へ迫りくる第9の眷族“神護一族”。「朱雀の弓」を宿した妖介ら神器使い4人は、決死の戦闘を繰り広げ六条重臣復活を食い止めるが、混乱に巻き込まれた妖介の幼馴染・潤子に思わぬ不幸が……。追い討ちをかけるように、巨大な炎の弾を吐き全てを焼き尽くす第10の眷族“飛奴羅”が宮古野京に出現!! この巨大眷族に挑む妖介だったが「朱雀の弓」の矢が残り1本となってしまい……!?
左手に「朱雀の弓」を宿したことから10体の眷族を退治する宿命を負った妖介。ついに出現した最後の眷族・飛奴羅に立ち向かうも、この荒れ狂う極大な怪物を仕留めるのは困難を極め……。さらに封印されていた呪術師・六条重臣も復活し、宮古野京に予想し得ない最悪の事態が押し寄せる! そして室町時代に神器と眷族を生み出した“六条一族”の呪われた真相も明らかとなり……!!
左手に「朱雀の弓」を宿したことから10体の眷族を退治する宿命を負った妖介。だがすべての眷族を倒すも、眷族の生みの親・六条重臣が復活。人々を襲うため家臣の魔物を大量に放った重臣により宮古野京は壊滅的な状況に……。そんな絶望のなか、妖介、よもぎ、蝦夷、いろり、健二たちは命を捧げたラストバトルに挑む!! 井上淳哉渾身の怪奇バトルアクション、堂々完結! 『おとぎ奉り』の原型となったパイロット版も特別収録!