icon_reread
また読みたい
フォロー
しか笛の天使
群雄割拠する戦国時代。天下統一を目指す武将たちの間に、『白鹿の角を兜にいただくと天下はそのものの手にあり』と言う伝えが広がっていた。そして、火の姫と呼ばれる美しい少女が住む夕月山には、飲むと不老となる水が湧く泉や、世にも珍しい白い雄鹿がいるという。天下統一を夢見る武将は、家来たちに、その白い雄鹿を射止めよと命じるが…。