GANTZ:G(1)
──時は2005年。修学旅行先へ向かうバスを襲った、突然の悲劇。廃屋の小学校に佇む、黒い球体。“ガンツ”と呼ばれる存在から突きつけられる、摩訶不思議なミッション。5人の少女たちは、或る決意と共に、黒いスーツを身に纏う──。
GANTZ:G(2)
“一度死んだ”5人の少女たちは、「ガンツ」と呼ばれる黒い球体からの、摩訶不思議なミッションをクリアし、“日常”に戻ってきた。――しかし、“非日常”はすぐに訪れる。5人の間に流れるぎこちない空気。それぞれが抱えている事情が、照準を鈍らせる…!?
GANTZ:G(3)
“水族館”へ転送された、5人の少女たち。「ガンツ」から告げられた次なる標的は“はんぎょじん星人”。人型をした未知なる存在が赤くほくそ笑むとき、殺戮の狼煙が上がる。かつてない敵を前に、少女たちの未来は──…?
また読みたい
フォロー