icon_reread
また読みたい
フォロー
雨水リンダ 1巻
放課後の廃校舎でひっそりと活動している「手芸部」とは名ばかりのオカルト同好会。古本屋でみつけた本に書かれていた「人形の作り方」に倣って出来上がったのは、部長のリンダそっくりの、心を持った雨水人形で…!? 人形だけど、しゃべって、笑って、恋をして? ──オカルト同好会との奇妙な部活動が始まる…!
雨水リンダ 2巻
放課後の廃校舎でひっそりと活動する「手芸部」。枝と、布と、お菓子と、硝子、そして雨水でできた雨水人形・雨子は、部長のリンダにそっくりでリンダの子どもの頃の心と記憶を持っている。部員たちと過ごす中で、少しずつ雨子の感情は育っていき…? 人気WEB作家・HEROがおくる学園オカルトコメディ、第2巻!
雨水リンダ 3巻
放課後の廃校舎でひっそりと活動するオカルト部。部長とうりふたつの雨水人形・雨子の存在が風紀委員・小松にバレてしまった…!? しかし当の雨子は小松が気になるようで…? 人形に芽生えはじめた感情は、どこまで人間に近づくのか…? オカルト部と雨子の奇妙な部活動は、少しずつ変化してゆく。
雨水リンダ 4巻
雨子の存在が「手芸部」のメンバーを少しずつ優しく変えていく。しかしそれは、ひっそりと活動していた手芸部に注目を集めてしまうことになり、廃校舎の閉鎖が言い渡されてしまうのだった。オカルト部と雨子の奇妙な部活動はこのまま終わってしまうのか? 心地よい雨音に包まれた最終巻。