また読みたい
フォロー
桐生先生は恋愛がわからない。 1巻
桐生ふたば(32)はアニメ化もされるラブコメ漫画の作者であるが、自分自身は“恋愛感情”がわからない人間である。「そもそも女性が恋愛を好きだって、誰が決めた!?」かなり拗らせたふたばだが、そんな彼女に対して、職場の寡黙な年下アシスタント、通称アサシン、そして年上のアニメの脚本家、通称軍師が突如としてアプローチを始める…!!! 「私の人生、いつから乙女ゲームになった!?」“恋愛感情”がわからないアラサー女子による新感覚ラブコメ、スタート!!
桐生先生は恋愛がわからない。(2)
32年間、“恋愛感情”という物がわからないまま生きてきたラブコメ漫画家・桐生ふたば。突如として彼女に、現実の恋の嵐が吹き荒れた。アシスタントのクール男子、通称アサシン。アニメの脚本家の年上男子、通称軍師。突然の2人からのアプローチに混乱するも、恋愛感情を通して、自分自身が少しずつ成長していくふたばであった。そんな中、常に余裕の年上男子、軍師が思わぬ行動に出て…!? 告白、衝突、親への挨拶(!?)、そしてキス…!? 衝撃の展開が続く、新感覚ラブコメ第2巻!!
桐生先生は恋愛がわからない。(3)
「恋愛感情がわからない」ラブコメ漫画家・桐生ふたば(32)は、年下のクールなアシスタント・アサシンと、年上の百戦錬磨の脚本家・軍師からのアプローチを受けている。乙女ゲーム化した自分の人生に戸惑いながらも、作家として成長し、恋愛感情を理解しようとするも、身内を亡くし混乱する軍師を慰めたところ突然キスをされる。何から何まで初めての体験に、ふたばは…!? 一方アサシンは動揺するふたばの事が気になって…? ちょっと変わった三角関係が加速する第3巻!!
桐生先生は恋愛がわからない。(4)
“恋愛感情がわからない”アラサー女子・桐生ふたばは、アニメ化される漫画の作者であり、現在やり手の脚本家・軍師と、自分のアシスタントである通称・アサシンからアプローチを受けている。創作の為にも恋愛感情を理解したいと、2人との距離を縮めて行くふたばであったが、自身が連載する雑誌の編集長が替わった事により、これまでにないピンチを迎える事になる…!?
桐生先生は恋愛がわからない。(5)
『恋愛感情がわからない』アラサー女子、桐生ふたば。彼女が知りたくても知る事の出来なかった“恋愛感情”に対して、ついに一つの結論が出る最終巻!! 結論のその時にふたばの隣に居るのは、軍師か、アサシンか? それとも……? 最終巻は大ボリュームの224Pで堂々完結です!!