あらすじ

光は射すのか… どちらかの唇が切れた。血の味と、彼女の匂い。透明に無限な悲しみは時に洗われ、世界に優しい時間が流れはじめる。