icon_reread
また読みたい
フォロー
サイコオノ監察医(1)
君は僕の”お気に入り(オモチャ)”。 戦後復興最中の東京。亡くなった兄の遺志を継いで刑事となった総司郎(そうしろう)は、死体を解剖・検案し独自の方法で事件を”推測”する監察医・采炬(さいこ)の元に配置される。しかし采炬は一癖もふた癖もあって…!? 采炬の”お気に入り”となってしまった総司郎の先行きが不安な中、とある連続殺人事件が発生し――? ミステリアス監察医と熱血刑事による、レトロチック猟奇推理譚、開幕。
サイコオノ監察医(2)
どうして勝手に汚れたの…? 戦後復興最中の東京。亡くなった兄の意思を継ぎ、刑事となった総司郎。しかし、彼は一癖も二癖もある監察医・采炬の『お気に入り』に指名され、日々事件と采炬に振り回されていた。警察の慰安旅行中、山の中で総司郎達とはぐれてしまった采炬と丸尾は、雨をしのぐため豪華な邸宅に迷い込むが、突如何者かに襲われ―…。レトロチック猟奇推理譚、衝撃の最終章。