icon_reread
また読みたい
フォロー
義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 花語り~(1)
“義”に生きる漢達の魂が、関ヶ原へと集い出す。慶長三年(一五九八)八月十八日、豊臣秀吉、死去。天下人まで上り詰めた漢の死を機に、いくさの歴史は動き出す。激動の時代を“義”の下に生き抜いてきた直江兼続は、何を思い、何を為すのか。全ての道は「関ヶ原の戦い」へと続いている――。
義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 花語り~(2)
徳川家康の大胆不敵な策略――。朝鮮出兵の撤兵の為、九州に遠征中の石田三成。その間に徳川家康は秀吉の側室・淀の方に接近し……!?そして、京入りを果たした直江兼続に徳川の手が迫る!!
義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 花語り~(3)
怒れる石田三成、反撃の時来たれりーー!! 帰京報告の為、徳川家康と対面する石田三成。怒り心頭の三成に対する家康の仕打ちとは!? そして、三成から豊臣秀頼を託された前田利家が、一世一代の大傾奇に打って出る!!
義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 花語り~(4)
徳川家康暗殺計画――始動!! 元旦の伏見城での大傾奇で、世の流れが前田利家に傾きつつある中、不運にも利家が病の床に伏すことに。これを機に動き始める徳川家康と石田三成。利家の見舞いの為、大坂の屋敷を訪れた家康に対し、三成らは暗殺をもくろみ…!?
義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次 花語り~(5)
石田三成VS加藤清正ら七将――決着!! 前田利家の死を契機に、石田三成に恨みを抱いていた加藤清正ら七将が、三成の屋敷を襲撃!! 直江兼続から助言を受け、三成が大胆な策に打って出る!!
義風堂々!! 直江兼継 ~前田慶次 花語り~(6)
五奉行を辞し、佐和山城へ蟄居した石田三成に対し、天下を手中にせんと大坂・西の丸入りを画策する徳川家康。家康の動きを察知した直江兼続は、上杉謙信の教えに従い、いくさの極意、無念無想の境地へたどり着く!!
義風堂々!! 直江兼継 ~前田慶次 花語り~(7)
政治だけではなく、豊臣の軍事力さえも動かし始めた徳川家康。着々と天下取りへ邁進する家康は、上杉を討たんと次なる一手に打って出る!! 一方、清須にて敵方の下見を楽しんだ直江兼続と前田慶次一行が、次に目指した地は「江戸」!? 大いくさを直前に、さらなる波乱の予感が?
義風堂々!! 直江兼継 ~前田慶次 花語り~(8)
天下を取るため、上杉討伐を企てた徳川家康は、道理の通らぬいくさを上杉に仕掛ける。迎え撃つは、直江兼続ら「義」に生きる漢たち。ぶつかり合う互いの意地と信念、そして上杉の窮地に、“いくさ場の虎”前田慶次が打って出る!! 緊迫の展開、単行本第8巻!!
義風堂々!! 直江兼継 ~前田慶次 花語り~(9)
徳川家康が会津に兵を進める最中、石田三成が蜂起、大坂城を占拠した。あまりに早すぎる三成の挙兵、そうせざるを得なかった三成に、義兄弟の杯を交わした直江兼続は何を想う…。“豊臣”に全てを捧げた漢の生き様がここに!! 単行本第9巻!!
義風堂々!! 直江兼継 ~前田慶次 花語り~(10)
“東北の関ケ原”と呼ばれる上杉と最上のいくさが開戦。最上義光に撤退を命じられた畑谷城城主・江口光清が武士の意地を見せ、兼続ら上杉軍に立ちはだかる――。地の利を生かした籠城戦に兼続の戦略は!? そしてついに“戦場の虎”前田慶次が、戦場に打って出る!! 最新コミックス第10巻!!