reread
また読みたい
フォロー
「俺をあの人だと思って、抱いていいよ?」――本当は震える身体。笑顔で誤魔化しながら、今夜俺は先生のモノになる――。男子校生の望は、先生である松川に片思いをしていた。自分がゲイだと知っても変わらず接してくれる先生に淡い期待を抱いていたが、それは彼もまた同じように同性に片思いをしていたからだった。ショックを受ける望は、失恋し珍しく泥酔した先生に、慣れたフリをして近づくが……!? ゆっくりと優しく愛撫され、耳元で切なく囁かれる言葉……でも、それは「俺」のためじゃない――。
「俺をあの人だと思って、抱いていいよ?」――本当は震える身体。笑顔で誤魔化しながら、今夜俺は先生のモノになる――。男子校生の望は、先生である松川に片思いをしていた。自分がゲイだと知っても変わらず接してくれる先生に淡い期待を抱いていたが、それは彼もまた同じように同性に片思いをしていたからだった。ショックを受ける望は、失恋し珍しく泥酔した先生に、慣れたフリをして近づくが……!? ゆっくりと優しく愛撫され、耳元で切なく囁かれる言葉……でも、それは「俺」のためじゃない――。
「俺をあの人だと思って、抱いていいよ?」――本当は震える身体。笑顔で誤魔化しながら、今夜俺は先生のモノになる――。男子校生の望は、先生である松川に片思いをしていた。自分がゲイだと知っても変わらず接してくれる先生に淡い期待を抱いていたが、それは彼もまた同じように同性に片思いをしていたからだった。ショックを受ける望は、失恋し珍しく泥酔した先生に、慣れたフリをして近づくが……!? ゆっくりと優しく愛撫され、耳元で切なく囁かれる言葉……でも、それは「俺」のためじゃない――。
「俺をあの人だと思って、抱いていいよ?」――本当は震える身体。笑顔で誤魔化しながら、今夜俺は先生のモノになる――。男子校生の望は、先生である松川に片思いをしていた。自分がゲイだと知っても変わらず接してくれる先生に淡い期待を抱いていたが、それは彼もまた同じように同性に片思いをしていたからだった。ショックを受ける望は、失恋し珍しく泥酔した先生に、慣れたフリをして近づくが……!? ゆっくりと優しく愛撫され、耳元で切なく囁かれる言葉……でも、それは「俺」のためじゃない――。