icon_reread
また読みたい
フォロー
ねじの人々(1)
さあ今日から哲学を始めよう!! 超実践、哲学マンガ!!! 恋に友情に仕事に人生に色んな事に悩んだときは哲学をしましょう。大ヒット漫画『神のみぞ知るセカイ』の作者、若木民喜の最新作は哲学漫画です。“『哲学』って難しそう…”“興味ないかも”そう思っちゃったそこのお兄さん、お嬢さん、ちょっと待って! 哲学は簡単! お手軽! 面白い! ニーチェもハイデッガーも知らなくても学ばなくても誰でも出来ます。哲学ってのは要するに考えることです。誰もが人生に、仕事に、恋愛に悩む、悩む、悩む、そんな時があります。そして人はすべての『答え』が欲しくて考える事があるのです。それが哲学です。名門、京都大学哲学専修を卒業しつつも仕事もせずに30歳過ぎまで、色んな事に悩み部屋に引きこもりから人気漫画家が過去の経験を生かし哲学漫画を描きました。あるかどうかも分からない“答え”“真実”についてひたすら考えたことを漫画にしています。皆さんも一緒に考えましょう。考えて考えて…そうすると貴方の頭にねじが生えてきます。ねじは考える度にぐるぐる回ります。ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる… ほら貴方も『ねじの人々』の仲間入り!!
ねじの人々(2)
空気を読むのはパノプティコンだから? 奴隷道徳がインターネットで炎上を起こす? 携帯電話は実存? 頭のネジを回せば回すほど、見えてくる考える事の大切さ。読んでもキミに答えはあげられないけど、読めば答えに近づく(かもしれない)。時にゆるゆる、時にキレキレ。ますますネジを回し続ける第二巻、登場!
ねじの人々(3)
君の求める答えを与えることはできない。でも、君が考える手助けはできる。考えても考えても答えにはたどり着かないかもしれない。それでも、僕らは胸を張って言える。「頭のネジを回し続けよう」その先にきっと君が今までに見たこともない世界が見えるはずだから。『ねじの人々』、最終巻。