icon_reread
また読みたい
フォロー
キスのあとにはキミのウタ
ずっと好きだった先輩に「告白しよう!」と決意した矢先、「彼女ができた」と報告を受けてしまった海咲…。慰めてくれたのは路上ミュージシャンの優しい歌声だった。一人になりたくない海咲は、そのまま名前も知らないミュージシャンと一夜を過ごして…。