あらすじ

「お前の肉体は、すでに墜ちている…」イヤなはずなのに…私、すごい声出してる…っ!女の愛液を舐めると、“若返る”という村に入ってしまった梓。味方だと思っていた要は、梓が村人たちに体を弄ばれるのを、笑いながら見つめるだけで…。「お前は真性の、メス奴隷だ…」眠る欲望を暴くような要の視線に、梓はだんだんと快感を拾ってしまい…!?「要くんが見てる前で私…知らない男のひとにエッチなこと、されてる…」