icon_reread
また読みたい
フォロー
いとしのマイ・キャット☆LOKI(1)
アメヤは幼い頃、自分の猫をペットというより弟のように思っていた。アメヤの目には、猫は人間の姿のように映るのだ。しかしその“弟”が死んでしまった運命の日から、アメヤは自分の殻に閉じこもってしまう。そして数年後、悲しみからいまだ抜け出せず心を閉ざしたままだったアメヤは、雨が降りしきる公園で一匹の迷い猫・ロキと出会う。その瞬間、アメヤの止まっていた時間がゆっくりと動きはじめて…。アメヤにかかれば、ロキも猫耳とシッポがついたやんちゃボウズにしか見えない。キュートで、萌えで(!?)、心温まる感動も与えてくれるキャット・ボーイの物語。
いとしのマイ・キャット☆LOKI(2)
事故のおかげ(?)で少しだけ距離の縮まったアメヤとミズ・チャチャとロキ。そんなある晴れた日、アメヤは行きつけのカフェで、ひょんなことから、ルーシーという若い女性と彼女の猫・カリと出会う。ルーシーはどこかアメヤに似ていた…。世に認められようと奮闘しているアーティストであり、愛猫と強い絆で結ばれている。かなりドジなところもあるけれど、とても魅力的な女性だった。アメヤは次第にルーシーに心惹かれていく。そんなアメヤにロキもミズ・チャチャは浮かない感じ…。気難し屋の猫と片思いのエージェントよ、さあどうする!?そしてアメヤの恋心は…?待望の第2巻!