icon_reread
また読みたい
フォロー
あめりか橋燃ゆ
魅力的な男性画家を巡って、性格が違う二人の女性の愛がぶつかり合う表題作と他4作を収録した、強く激しく生きる女性をテーマにした市川ジュンの傑作短編集。その昔、古い小さい木の橋“あめりか橋”を渡ると、若き画家・三方条(みかた・じょう)のアトリエがあった。そこへ通いつめる二人の女性、自分の想いをひたすらぶつける由子(ゆうこ)とクールに条を見守る秋実(あきみ)は、恋の火花を散らして……!?