icon_reread
また読みたい
フォロー
霊感少年の事件簿
山奥のボロ屋に一組の家族が都会から移り住んで来ていた。幼い娘・桃花の病気療養のため、父の遺したこの家に引っ越して来たのだ。ある時桃花は、呼び声に導かれるままに森の奥へと迷い込んでしまう。そこへ一人の少年が現れ、桃花を森の奥から連れ戻して来たのだった。しかし、彼女たちの家を一目見た少年は、その家になにやら違和感を感じたようで…。