あらすじ

文化祭当日、佐藤の自分に対する気持ちを知ってしまった鈴木。それ以来、鈴木はどことなく佐藤との距離をとってしまうようになるのだが…。偶然の出会いを生んだ夏が去り、二人の前に新たな季節が訪れようとしていた――。大人気サイト「発狂するエラー」の大人気マンガ、描き下ろし&切なさ満点の書籍化第3巻!!
user_private
名無し
1年以上前

タイトルが思い出せないマンガを教えて欲しいです

読んだ時期:15~20年ほど前、ブックオフで立ち読み 読んだ媒体:単行本(3~5巻で完結済み) ジャンル:多分少女漫画 作者名:不明 絵柄:椎名橙さんの『それでも世界は美しい』のようなスッキリとした絵柄だったような。 大筋:女子高生(中学生?)の主人公とその同級生(男子)が異世界に転送され、 その世界の危機を救うといった物語。 女子高生がとにかくポジティブ!持ち前の運動神経と機転で数々の危機を乗り越えていきます。 男子は終始情けない感じ。 女子の性格は、『スレイヤーズ』のリナ・インバースのような感じ。当時読んでいてもそう感じました。 前向き・運動神経抜群!強さの中に優しさも持ち合わせている。 絶望的な状況でも決して悲観しません。 男子が女子を 「〇〇さん(苗字)!」と呼んでいました。 珍しい苗字ではなく、よくある漢字2文字の苗字でした(斉藤さんとか鈴木さんとか)。 苗字がタイトルになっていたか含まれていたような覚えがあります(記憶違いかも)。 女子高生の家族も作品に出ていたような。 でも終始出ていたのではなく、敵が家族に化けて女子高生を精神攻撃、というストーリーでの登場だったかも。 女子高生の髪の毛は背中までの長髪で、結んでいなかったと思います。 二人とも物語の最後まで制服を着ていました。 恋愛要素は一切ありませんが、男子が女子と接するうちにその強さに憧れていく描写はありました。 とにかく女子高生のポジティブさが突き抜けていて、全巻一気読みしました(買えば良かった…) 曖昧過ぎる記憶ですみませんが、心当たりがある方がいらっしゃいましたらご返信お願いいたします。