icon_reread
また読みたい
フォロー
月とノスタルヂヤ
時は幕末――京には天誅の名のもとに、暗殺の嵐が吹き荒れた。「人斬り」の異称を持つ土佐の岡田以蔵や、隻腕の剣士として知られる伊庭八郎、新撰組など、様々な歴史上の群像に独自の解釈を加えた「幕末黎明編」ほか、大反響を呼んだ表題作を始めとする、「近代抒情編」の二編を収録。独特の世界観と叙情文学的な雰囲気で異彩を放つ、くもぎり太郎のノスタルジー溢れる作品集。