icon_reread
また読みたい
フォロー
イザベル
美しい母と共に叔父の農園に居候するイザベラは、叔母からは使用人扱いをされ、つらい日々を送っていた。そんなある日、母はよりよい生活を求めて、イザベラを置いて旅立っていった。「お金をためたらむかえにくるから」とだけ残して…。何年も母からの便りはなかったが、偶然出会った旅人から、イザベラは母の消息を知る。イザベラに惹かれていた従兄弟のアンリに誘われるまま、二人で母探しの旅に出るが…。ひたむきに生きる少女の恋を描く。