icon_reread
また読みたい
フォロー
十六夜の瞳
高校生・楠田直樹の前に現れた転校生・十六夜拓真。その出会いを境に、直樹の目にはこの世のものとは思えない異形が見えるようになる。現実がうまく受け止められない直樹に、拓真は告げる。──自分は陰陽師。そしてお前の味方だ。──そして、拓真と直樹の間には、直樹だけが覚えていない熾烈な過去があった。