icon_reread
また読みたい
フォロー
人形芝居 1巻
西暦28XX年、東京。ここは魂の宿る人形の住む館。双子の人形師・嵐と静が創り出す感情豊かな子型機械人形が、寂しい人々の心の隙間を埋めていく…。
人形芝居(2)
人の心を優しく包みこむ子型機械人形。それを作り出す人形師人形・嵐と静。そんな2人の人形師を生み出した三波楓之介博士と加賀多青子博士とは、どんな人物なのか? そして、嵐と静の誕生の秘密とは?
人形芝居(3)
どんな病をも治す“奇跡の手”を持つ少年として有名だった大和は今ではその能力を失くしてしまっていた。しかし、15年前に救った女性が、彼に残した遺産を受け取りに訪れた館で、一人の子型機械人形・マリアと出会う──。子型機械人形を巡るネオ・ヒューマンドラマ3編を収録。
人形芝居(4)
互いを慈しみ羨む双子の王女が恋をしたら…。内気な少女が死んだ初恋の少年と再会したら…。“鉄の男”とお転婆な少女の不器用な一週間とは…。人間と「子型機械人形」が紡ぐ、魔法のように優しく儚い3つの物語。