10/29(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
薔薇とオオカミ(1)
学園は、美しきケモノの庭。『学園王子』の作者が放つ、ロマンティック・ラブストーリー!!――人間離れした美貌の少年・桐谷(きりや)。ふたばは、彼を追いかけて全寮制の名門校・皇(すめらぎ)学園高等部に入学する。だが桐谷は、高い垣根を隔てた特別科の生徒。普通科のふたばには手の届かない存在だったのだが……。人を超えし美しき一族と人間の少女の、禁断のラブストーリーが幕を開ける!
薔薇とオオカミ(2)
憧れの桐谷(きりや)が「狗族(こうぞく)」という人ならぬ存在だと知ったふたば。同時に彼の生命の源である「魂種(ソウルシード)」と一体化してしまう。桐谷に接近することになるも、心はなかなか近づけない。悩むふたばの元に桐谷の彼女を名乗る美少女が現れ、桐谷を懸けた「ミス皇(すめらぎ)コンテスト」で争うことに……。禁断のミスティック・ラブ、波瀾の幕開け─―。
薔薇とオオカミ(3)
せんぱいが、死ぬ――?ミス皇(すめらぎ)コンテストのさなか、桐谷(きりや)に共に逃げようと言われ、有頂天になるふたば。だがその喜びも束の間、首筋にあった魂種(ソウルシード)の痣が消えていることに気づく。魂種を失うことは、桐谷にとって死を意味する。愛する者を救うために、ふたばがした「決断」とは――。種族を越えた禁断のラブストーリー、ついに完結!