reread
また読みたい
フォロー
パプリカ小学校6年生のカカオは、両親が経営するコンビニ・コングルGoodで、日曜日にだけ開店する子供たちだけの店の店長を務めていた。彼は、相棒のコンビニロボット・ポテトトと共に、店に置いてある食品を使って、カレグラパン、地獄うどん、ポカポカオレンジなど、様々なコンビニグルメ、“コングル”を生み出す!手軽に作れるアイディア料理がたくさんつまったグルメマンガ!
新学期が始まったというのに夏休みの宿題が終わらないカカオたちは、コングルGoodの店内に置かれていた“コングル”を見つけ、そのおいしさに驚く。だけど、作ったのはカカオでもポテトトでもなくて…?あんずの提案で、防犯カメラの映像を頼りに犯人捜しを始めるが、そこに映っていたのは万方太郎の息子だという万方小太郎。父親に代わり、カカオにコングル勝負を挑む小太郎だが…!?
ある日、倒産寸前の土井中製菓の社長・土井中団吾郎は、姉であるパプリカ小学校の校長に助けを求めてやってくる。そこで校長は、コンビニ食品をちょっとした工夫でよりおいしくする“コングル”のアイディアを使おうと、お菓子でコングルコンテストを開催を宣言する!!全校生徒がライバルとなったこのコンテストで、カカオはどう勝負に出るのか!?アイディア満載のコンビニグルメマンガ、最終巻!