icon_reread
また読みたい
フォロー
ビーストマスター(1)
「火」と「土」の気を宿す石焔獣(せきほじゅう)ミアキス。森羅万象こわいものなしの彼女を使役するのは、どうみてもお子様な魔獣使い(ビーストマスター)シルルだった!ふたりの愛と笑いの旅が、いま始まる!
ビーストマスター(2)
魔獣使いのシルルを母親のもとへ送り届けるため、石焔獣ミアキスとシルルは西の国を目指して旅を続けていた。その途中で巻き込まれた事件のさなか、ミアキスの前に現れたのは百年前の戦いで死んだはずの姉アラウカリアだった!
ビーストマスター(3)
ミアキスを執拗に狙う姉アラウカリアの策略によって、シルルの身体から魂が失われてしまった。魂を黄泉帰(よみがえ)らせるため、ミアキスたちは冥界への入り口があるというスツカ国の霊山・不二へと向かう!
ビーストマスター(4)
冥界の神によれば、シルルの母は西の国の中央・神界大都(カミノミカド)にいるという。旅を続けるミアキスたちは、収穫祭で賑わう村でティレオという少女と出会う。だが彼女の背後にはアラウカリアの影が……!
ビーストマスター(5)
ハーパクトの先祖を祀る宗廟でミアキスは封印を壊してしまう。現れたエルラシア姫が語る宿命、それは穢れを背負った天御子を滅する“神殺し”だった。それを果たすため、姫はミアキスに御魂喰いをするように告げる!
ビーストマスター(6)
アラウカリアのたくらみ、それは御柱を蓮華城に墜とし水晶炉を発動させ、世界の全てを破壊することだった!御魂喰いによって神殺しの力を手に入れたミアキスは、愛するシルルを守るため、姉との最後の戦いに挑む!