ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
不明確な悪意~引っ越し先...
不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~
リアコミ
リアコミ
秋山はな
秋山はな
サカド
サカド
あらすじ
主人公のタマミが、夫と小学生の息子とともにこの街に引っ越してきて1年。最近の悩みは、「家から物がなくなること」。お気に入りの傘や絵本が忽然となくなるのだ。その後、何者かによる嫌がらせが頻発するように。びんを投げ込まれたり、ドアに「死ね」とスプレーで落書きをされたり、息子が車に轢かれそうになり怪我をしたり…どんどんエスカレートしていくことを肌で感じ、恐怖を感じるタマミのもとに「殺してやる」というショートメッセージまで来て――。とうとう、泥棒に入った犯人と鉢合わせしたが、相手はママ友のひとりで――。
不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~1
主人公のタマミが、夫と小学生の息子とともにこの街に引っ越してきて1年。最近の悩みは、「家から物がなくなること」。お気に入りの傘や絵本が忽然となくなるのだ。その後、何者かによる嫌がらせが頻発するように。びんを投げ込まれたり、ドアに「死ね」とスプレーで落書きをされたり、息子が車に轢かれそうになり怪我をしたり…どんどんエスカレートしていくことを肌で感じ、恐怖を感じるタマミのもとに「殺してやる」というショートメッセージまで来て――。とうとう、泥棒に入った犯人と鉢合わせしたが、相手はママ友のひとりで――。
不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~2
主人公のタマミが、夫と小学生の息子とともにこの街に引っ越してきて1年。最近の悩みは、「家から物がなくなること」。お気に入りの傘や絵本が忽然となくなるのだ。その後、何者かによる嫌がらせが頻発するように。びんを投げ込まれたり、ドアに「死ね」とスプレーで落書きをされたり、息子が車に轢かれそうになり怪我をしたり…どんどんエスカレートしていくことを肌で感じ、恐怖を感じるタマミのもとに「殺してやる」というショートメッセージまで来て――。とうとう、泥棒に入った犯人と鉢合わせしたが、相手はママ友のひとりで――。
モラハラ夫から助けてくれたのは反抗期の息子でした

モラハラ夫から助けてくれたのは反抗期の息子でした

専業主婦である主人公は、毎日夫に「金も稼げねえくせに口答えして生意気なんだよ!」「いい身分だな」と罵倒され怒鳴られる日々。そんな父に気に入られようと、反抗期の息子も主人公につらく当たっていた。しかし、主人公が離婚を決意したことを知ると「お母さんをバカにするとお父さんの機嫌がよくなるから…。本当はお父さんと離れたかった」と初めて本心を言ってくれ、主人公の味方に。いっしょにモラハラの証拠を集め、離婚をつきつける!
とるだけ育休の夫はいらない

とるだけ育休の夫はいらない

「俺、育休とるよ。梨香子を支えたい――」そう言って育児休暇をとってくれた夫。しかし現実は家事育児もせず、スマホをいじって食って寝て、長い休みを満喫するだけ。さらには子どもを危険にまで晒し…こいつ、必要ないよね!?第二子が産まれて産後うつとなってしまった主人公・梨香子。夫の弘明は、そんな梨香子を見かねて「俺、育休取るよ」と宣言する。弘明の言葉を頼もしく思う梨香子だが、いざ蓋を開けると、弘明がただただ会社を休んでぐーたらしているだけの“とるだけ育休”で…。家事育児を協力するどころか、子どもを危険に晒すような行動ばかりとる弘明。梨香子は次第に疲弊していく。そんな時、義父母を巻き込んだある重大な事件が起こって―――!?育児・介護休業法の改正から夫が育休取得をしやすい社会に変わってきた反面、育休を取得したのに全く育児に参加しない「とるだけ育休」という現象も生まれてしまいました。マンガで描かれる「とるだけ育休な夫」の実態は、SNSで公開するたびにママ達の共感コメントが殺到、リアコミサイトでは660万PVという大きな反響がありました。育休という制度を夫婦でどう活用していくかを考えさせられる作品です。
消えたストーカーと浮気相手 スズノネ

消えたストーカーと浮気相手 スズノネ

チリン、チリンチリン、チリン…と鈴の音が聞こえる…。私に付きまとうのは誰?バイト先の同僚?それとも言い寄ってくるしつこい客…?日を追うごとに鈴の音も誰かの気配も増していく中、大学生のヒバリはどんどん恐怖で追い詰められていき――。(「ストーカーは〇〇でした」)公務員の男性と愛のない結婚をした主人公。どうやら夫は若い女と不倫関係にあるらしい。夫が女を自宅に連れ込んだと思ったものの、証拠は見つからず…。しかし、その日鈴の音が自宅に響く…。この音の正体は何…?(「消えた旦那の浮気相手はずっと隣にいました」)人間の恐ろしさを感じられるホラー2作品を収録したオムニバス。
優しい義母のウラの顔

優しい義母のウラの顔

こんな義母、もうイヤっ!!キャラの濃い義母が続々登場!「嫁の歯ブラシでトイレ掃除♪」―え? この歯ブラシ私の…!? あんなに優しそうに見えた義母の裏の顔がこんなに恐ろしいものだったなんて。SNSで義母の本性を知ってしまった夏希の戦いが始まる…。収録作品/「SNSで誹謗中傷していたのは優しい義母でした」
成敗! パパ活野郎

成敗! パパ活野郎

主婦のミヤコは、小学5年生の娘を育てながら働いている。夫は昔はイケメンだったものの、今では見る影もないだたのおじさんに……。ある日、夫のスーツのポケットから娘のための貯金が引き落とされているのを発見。こっそり調べていくと、スマホにはいくつもの浮気の証拠が。なんと夫は【パパ活】にいそしんでいた……! 一度は反省し夫はパパ活をやめたかと思いきや、娘に現場を見られ2度目が発覚。ひとまわり以上年下の若い女に一時の感情で家族のお金を使うなんて……。夫にもパパ活している若い女にもぎゃふんと言わせたい! ミヤコはどんな決断を下すのかー。
娘の先生との最低な不倫

娘の先生との最低な不倫

看護師として働きながら娘を育てている、主人公ヒヨリ。不器用ながらも優しい夫と幸せに暮らしていたが、ある時から夫の休日出勤がやたらと増える。不審に思ったヒヨリが夫の携帯を覗くと、そこには見知らぬ女の名前が…浮気の証拠を掴むため友人と協力して夫の動向を調査している時、なんと自宅から浮気相手のコンタクトレンズや髪の毛が…!!仕掛けたボイスレコーダーから聞こえてきた声はまさかの身近な人物でーーー
夫の不倫相手は友達でした

夫の不倫相手は友達でした

大学時代の同級生と結婚して、念願の子供を授かった主人公つきこ。幸せいっぱいな人生だったはずなのに、大学時代の友人との同級会をきっかけに崩壊が始まる。かつて仲が良かった友達のインスタに、夫らしき人物が写り込んだ大量の匂わせ投稿を発見。優しかった友達にかつての面影はなく、周りをドン引きさせる強烈キャラに変貌。あわや乱闘の修羅場、話の通じない不倫相手、暗い夜道に忍び寄る影…平和な日々を送っていた主人公は、想像もしなかった展開に次々と巻き込まれていく…
クソ旦那への逆襲

クソ旦那への逆襲

主人公さくらこは、子どもにも恵まれ充実して日々を送っていた。夫の不倫を除いては…夫は残業と言いながら、趣味のスポーツクラブで知り合った女と人目もはばからず不倫を楽しんでいた。妻はボイスレコーダーや友人の証言を集め、着々と不倫の証拠を手に。いざ離婚の話し合い!という時に、まさかの夫から離婚を切り出され…!?不倫相手に吹き込まれるがままに、話が二転三転していく夫。「再構築のためになにすればいいか教えて」「分からないから聞いてるんじゃん!」不倫の実情を赤裸々に描いた作品。
不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~

不明確な悪意~引っ越し先はママ友地獄~

主人公のタマミが、夫と小学生の息子とともにこの街に引っ越してきて1年。最近の悩みは、「家から物がなくなること」。お気に入りの傘や絵本が忽然となくなるのだ。その後、何者かによる嫌がらせが頻発するように。びんを投げ込まれたり、ドアに「死ね」とスプレーで落書きをされたり、息子が車に轢かれそうになり怪我をしたり…どんどんエスカレートしていくことを肌で感じ、恐怖を感じるタマミのもとに「殺してやる」というショートメッセージまで来て――。とうとう、泥棒に入った犯人と鉢合わせしたが、相手はママ友のひとりで――。
BLUE MOMENT ブルーモーメント

BLUE MOMENT ブルーモーメント

天気予報が存在するたったひとつの意味、それは―――仕事はできるが難のある性格が災いして派遣先をクビになった雲田彩(ルビ:くもたあや)。彼女が新しい職場・気象庁気象研究所で出会ったイケメン研究官”雲王子”こと晴原勘九朗(ルビ・はるはらかんくろう)には、もう一つの顔があった。それは自然災害から人命を守るために活動する【SDM本部(特別防災対策本部)】の一員として災害発生現場の最前線で奮闘する姿で―――。集中豪雨、河川氾濫、台風……。命を守るために、出来ることは、やるべきことは……!?知恵と知識で気象災害から命を守れ! 気象災害に立ち向かう本格ドラマ! 出会いと誓いの第一巻!【著者プロフィール】著者:小沢かな漫画家。イラストレーター。青い空好きが高じて、自家用操縦士(上級滑空機)の資格を取得。空に関する作品を多く手がける。著書に『ブルーサーマル- 青凪大学体育会航空部-』(新潮社)、気象絵本『せきらんうんのいっしょう』(ジャムハウス/イラスト担当)など。講談社「ハツキス」にて『野々宮月子はいつも眠い』連載中。Twitter:@kana_ozawa_blueFacebook:@kana.ozawa.bluethermal監修:荒木健太郎雲研究者。気象庁気象研究所研究官。博士(学術)。専門は雲科学・気象学。防災・減災のために、災害をもたらす雲の仕組みを研究している。著書に『雲を愛する技術』(光文社)、『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)など。小沢かなとの共著に『せきらんうんのいっしょう』『ろっかのきせつ』(ジャムハウス)がある。Twitter:@arakencloudFacebook:@kentaro.araki.meteor
怖いトモダチ

怖いトモダチ

合言葉は「みんなで幸せになろう」。人気エッセイスト・中井ルミンが主宰するオンラインサロンには彼女を慕う大勢のファンが集まる。子どもの学校の担任との不和、義理の姉との確執、悩みに寄り添ってくれるルミンは尊敬できて、魅力的な存在。だけど何か違和感がある…。ルミンがブログに綴るのは、中学時代の同級生のSちゃんとの思い出。酪農家の娘Sちゃんは同級生から「牛の糞臭い」とからかわれ不登校になり、そんな同級生たちをルミンが嗜め、彼女の発案でSちゃんに手紙を渡し学校に来るようになったという話。そのブログをたまたま目にした旧友がいた。「このブログ…うそばっかり。だって沙世ちゃんあの次の日、自殺未遂を起こしたのに…」。サロンのメンバー、同級生や元夫、仕事仲間、ルミンをめぐる様々な人の思惑と言い分が交錯するミステリーコミックエッセイ。彼女は「いい人」? それとも「悪魔」? 本当のことを言っているのは一体誰なのか―――!?
光が死んだ夏

光が死んだ夏

ある集落で暮らす少年、よしきと光。同い年の2人はずっと一緒に育ってきた。しかしある日、よしきが光だと思っていたものは別のナニカにすり替わっていたことに確信を持ってしまう。それでも、一緒にいたい。友人の姿をしたナニカとの、いつも通りの日々が始まる。時を同じくして、集落では様々な事件が起こっていき――。新進気鋭の作家・モクモクれんが描く、未知のナニカへ堕ちていく物語、開幕。巻末には在りし日の2人を描いた、描き下ろし短編も収録。
作りたい女と食べたい女

作りたい女と食べたい女

■コミックス描き下ろし特別短編7Pを収録!■ひとり暮らしで少食だし、作ったところで食べきれない。でも、本当はもっと作りたい! 料理が大好きな野本さんは、そんな想いと職場のストレスから、うっかり一人で食べきれないほどご飯を作ってしまう。そんなとき、お隣のお隣に住む春日さんのことを思い出して勇気を出して夕食に誘ってみると…?
女の子がいる場所は

女の子がいる場所は

「ここに描かれている遠い国の少女と私たちは一緒だ。そう、私たちは差別される側。認めるのはつらいけど、事実を知れば知るほど『ぶち破ってやるぞ!』と力が湧いてくる」山内マリコ(作家)「こんな世界が情けなくてやるせないけど知らないままの方がよっぽど恥ずかしいからページをめくる手を止めない冷笑的な態度に負けたりするもんか生まれついた性別で育った場所で奪われる夢があるなんて絶対に間違ってる」宇垣美里(フリーアナウンサー)「わたしたちは結婚しないと生きていけないの?」サウジアラビアに暮らす10歳の少女サルマ。同級生の姉は、顔も見たことのない8つも年上の男性と結婚する。外ではヴェールが必要で、大好きだったサッカーはもうできない。モロッコ、インド、アフガニスタン、そして日本……国も宗教も文化も違う少女たちに降りかかる「女の子だから」を見つめる作品集。◎ダークでファニーな怪談御伽噺『かわいそうなミーナ』も同時発売。◎やまじえびね ビームコミックス好評既刊『レッド・シンブル』全3巻『ナイト・ワーカー』『アイム・ノット・ヒア やまじえびね作品集』『女神たちと』(共著:河井克夫他)◎コミックビーム 公式ツイッター@COMIC_BEAM
生理ちゃん

生理ちゃん

「大変なのを生理のせいにできないから大変なんです」悩める女性たちの元にも、ツキイチで生理ちゃんはやってくる。イタイ、ツライ、メンドクサイを吹き飛ばすほど、笑って泣けちゃう大傑作!共感の嵐を巻き起こす生理ちゃんが、嬉しい描き下ろしも収録して待望のコミックスに!
私のジャンルに「神」がいます

私のジャンルに「神」がいます

類まれなる文章力で二次創作界に燦然と輝く天才字書き・綾城(あやしろ)。同ジャンルの者達はその作品に焦がれ、打ちひしがれ、彼女に馴れ馴れしくリプを飛ばす「おけけパワー中島」への憎悪をくすぶらせていくのであった……。天才字書きをめぐる創作者たちの葛藤を綴った連作。描きおろしとして、綾城が小説を書き始めた頃を描いた「天才字書きの生まれた日」を収録。綾城と中島が出会ったばかりの時期が明かされます。