icon_reread
また読みたい
フォロー
ラグナロック・ガイ(1)
近未来を舞台に“神々を滅ぼす男”と呼ばれる最強の兵士の活躍を、壮大なスケールで描いたSFアクション。神々を滅ぼす男という意味を持つ「ラグナロック」と呼ばれる男、ガイ・グレイバードの抹殺指令を受けたメルダー部隊7の隊長・ハニーデュー・ハニー。最強を誇る特殊機動部隊“30・サタン”の唯一の生き残りであるガイは、自分を襲ってきたメルダー部隊7の本陣へ乗り込んでいく。そこでガイと対峙したハニーは、彼が軍に追われる理由を尋ねるのだが……!?
ラグナロック・ガイ(2)
蘇った30・サタン隊長・クロードとの激闘で重傷を負ったガイ・グレイバードは、移動医療車に乗った看護師・ミユティカに助けられる。しかしその後、ガイ達は車を狙った奇妙な二人組に捕まり、彼らの秘密基地へ連れて行かれる。ガイを狙ってその場所を襲撃してきたメルダー部隊11に、怪我をおして反撃するガイだったが、ミユティカを人質にとられてしまい……!?
ラグナロック・ガイ(3)
再び死闘を繰り広げる30・サタン隊長・クロードとガイ・グレイバード。科学者ドゥエルガルが開発した戦闘服に助けられて、勝負はガイがかろうじて勝利する。そして、息が絶えそうなクロードの「なぜ……裏切った……」という言葉を聞いて、ガイは衝撃の真実を語り始める。それは、ガイが裏切ったのではなく、メルダー連邦のビッグコンピューター“LEAF”に洗脳された30・サタン隊員達がガイを殺そうとした事だった……。
ラグナロック・ガイ(4)
“LEAF”からガイ・グレイバードに送り込まれた最強の刺客、S・A(スペシャル・エリーター)の5人。日没とともに彼らを相手に戦闘開始したガイだったが、その最中に敵国であるベガルダー軍の重機動部隊が出現する。そして、対決の途中でS・Aは撤退していき、ベガルダー軍のフレイマン市侵攻を知ったガイは、ミユティカ達を守ろうと立ち向かっていき……!?
ラグナロック・ガイ(5)
第三勢力・クエスチョナーズの力を借りて、メルダー本星のプラチナムへ侵入したガイ・グレイバード。洗脳を避けるためにヘッドリングを外したガイは、戒厳令によるレディビートルの無差別な狙撃をかわしていく。しかし、無防備な少女を助けようとして負傷したガイは、複数のレディビートルから銃撃を浴びてしまう。そして、ついにラグナロックが発動して……!?
ラグナロック・ガイ(6)
“LEAF”をも凌駕するラグナロックとなったガイ・グレイバードは、プラチナムを消滅させて、“大いなる意志”に命じられるままに地球へと降り立つ。そこでガイは、突然襲ってきた地球人にハニーデュー・ハニーを連れ去られてしまう。そして、ハニーを助けに向かったガイは、攻撃を仕掛けてくるヴァナの少女・フレイヤを投げ倒して説得するが……!?
ラグナロック・ガイ(7)
“大いなる意志”に命じられて地球へ降り立ったガイ・グレイバードは、新たな人類の“神”だと名乗るニッドヘグと対決するために死の国・ニブルヘイムへ向かう。その途中で、巨人の国・ヨツンヘイムにいた“守り人”からニッドヘグの過去を聞いたガイは、“大いなる意志”が絡んでいれば自分の場合と同じだと気付く。そんな時、ガイ達の前に最強の刺客、S・A(スペシャル・エリーター)が現れて……!?感動のラストを迎える完結巻。