reread
また読みたい
フォロー
日本人に生まれたら、サッカーをやっているなら…日本代表のユニフォームを手に入れたい!誰だってそうだろ!一条龍は、本気で日本代表になることを夢みているサッカー少年だ。幼なじみの双子・優人と優希といっしょに、まずは全国少年サッカー大会で優勝を目指す!!1対1の躍動感!ゴール前の緊迫感!絶妙の連携プレーを成功させたときの高揚感!サッカーの醍醐味がここにある。本格サッカー大河ロマン堂々開幕!!
天才――今まで何人の少年達が、そう呼ばれてきたことだろう。その多くは、過大なプレッシャーに押しつぶされ、いつのまにか輝きを失ってしまう…だが、こいつは違う。モノが違う。一条龍は、間違いなく本物だ。繊細なボールタッチ。圧倒的なテクニック。溢れるイマジネーション!チームを勝利に導くそのプレーは、ピッチの中で太陽のように輝く!その少年を目撃した人々は夢見た。遠くない未来に、彼が青いユニフォームを着ていることを…だが苛酷なる運命は、少年を翻弄する……衝撃的展開の本格サッカー大河ロマン!!
再起不能の大ケガを負ってしまった天才・一条龍は、再び輝くことができるのか……誰もが疑いの目を向ける中、必ず復活すると誓った少年と、必ず帰ってくると信じていた親友がピッチの上で奇跡を起こす!嵐のような感動を呼ぶ大人気本格サッカー大河ロマン!!
再び動き出した時間…もう誰にも止めさせない!決意をもって挑んだ強豪・新田中との試合…だが、龍は強力なセンターバックコンビの前に満足にプレーをさせてもらえない。2年のブランクが重くのし掛かる…でも、閃きだけは錆び付かない!サッカーへの情熱を武器に、龍が果敢にゴールを狙う!!疾走する本格サッカー大河ロマン!!
生まれも育ちも関係ない。サッカーで大切なのは、同じヴィジョンを共有できるかだ!実力を持ちながら、その性格ゆえに周囲と軋轢を生んでしまう新戦力の諸星美起也…そんな諸星に龍はパッサーとしての可能性を感じる…だが、諸星の弱点が露わになり…龍の中学最後の夏は、とてつもなく熱い!!
受験、部活、そして恋…龍たちの中学三年の夏は、めまぐるしく過ぎていく。めぐりあうすべての出来事が、サッカー少年を成長させる糧なのだとしたら…龍と仲間たちは、もう楽しいだけの日々に戻れない。勝つまで戦って、戦って、戦う。上手くなる。もっと、もっと、もっと!!全国を目指し、負けられない戦いが続く…
放課後にボール蹴って、気の合う仲間達とほんのちょっと楽しい時間を過ごせればいい。そう思っていた。でも、そんな毎日を終わらせたのは、あいつだった。あいつのせいで、本気になった。苦しくて、悔しくて、でも今までよりずっと楽しい…だから今度は、俺達が龍のために戦うんだ!
家庭の事情で、中学卒業後インドネシアに行かなければならなくなった龍…大浦東中の仲間達は、全国大会に出場できれば、どこかのスカウトが龍のことを誘ってくれる…そうすれば、龍は日本に残ってプレーができる…そう信じて戦っている。そして高円宮杯埼玉大会1回戦…相手はクラブチームの雄・麻倉キッカーズ。鉄壁のGK渡辺健太と流れが読める実力派MF永野修を擁する強豪だ。永野に先制ゴールを決められ、1点ビハインドの後半…龍と諸星を中心に攻め込む大浦東だが、ナベケンの堅守を崩せない…試合時間も残りわずかに…
最強のGK・ナベケン率いる麻倉キッカーズに惜敗し、中学での公式戦を終えた龍達…次の舞台は高校サッカーだ。龍と優人、宮崎は、受験勉強の合間にフットサルをやって、ブランクを作らないようにと考えた。その試合をアンナとミルコが観戦しに来た。ミルコはずっと思っていた。ヨーロッパに帰る前に、龍に伝えなければいけないことがある。それは、“サッカーの本質”…知らないことは幸せだ。知ることだけで、大きく羽ばたけるのだから…一本のパスが、龍を覚醒させる。サッカーの本質を知ってしまったら、世界は色を変えてしまった!もう眩いほどに…
かつてデットマール・クラマーは言った。サッカーは少年を大人に育て、大人を紳士に育てるスポーツだ…と。かつての天才は、挫折を経てどんな選手になっていくのか…サッカーの名門校・武蒼高校のAチームに抜擢された龍、ナベケン、桜庭…最初にチャンスを手にしたのは…