DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕 1巻
ひょんなことからゴルフの魅力にとりつかれた小学生“ダンドー”が、優香、弘平と3人でデッカイ夢へと突き進む!小学生離れした運動能力を持つ熊本の野球少年・青葉弾道は、仲良しのチームメイト・優香や弘平と共に野球漬けの毎日を過ごしていた。だがある日、ゴルフ好きの校長先生から「プロゴルファーの優勝賞金は1試合3000万円」という話を偶然耳にする。金銭トラブルが原因で、母親と別れて暮らしている弾道は、「プロゴルファーになれば母親を連れ戻せる」と考えて…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕 2巻
2週間後の熊本ジュニア選手権に向けて臨んだ、初めてのコースラウンド。弾道、優香、弘平の3人は、たまたま一人で来ていた意地の悪そうな中年男性とラウンドすることになった。新庄プロに頭を下げられて了承したものの、子供と一緒に回ることが気に入らないその男は、打順の決め方すら知らない弾道に目をつけ、次々と言いがかりをつけてきて…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕 3巻
熊本ジュニア選手権・2番ホール。正面の木を避けるため、スライスをかけて放たれた弾道の第2打。あまりにも無謀なそのショットは、誰がどう見ても右手の林に向け一直線に飛んでいくかに思われた。しかし次の瞬間、強い向かい風を受けたボールが急激にスライスしはじめ、グリーン方向へ軌道を変えていく。さらにグリーンオンしたボールは、ゆっくりと芝の上を転がり…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕 4巻
熊本ジュニア選手権・14番ホール。前の組の進行を待つため、ティーグラウンド脇の茶店で休憩する弾道と石上兄弟。すると、そこに現れた横田が、競技委員に向かって突然ルールの確認をし始めた。そのルールとは「ゴルフバッグに入れていいクラブは14本まで」というもの。子分を使って弾道のバッグに細工していた横田は、したり顔で「15本入っているバッグを見た」と言い出して…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕 5巻
熊本ジュニア選手権最終日・1番ホール。優勝を争う最終組には、1日目を1オーバーの単独首位で終えた風間、そして2オーバーで2位タイの弾道、同じく2位タイの笠という3人が顔を揃えていた。そして迎えた笠のティーショット。その素振りに「本当に小学生か?」との声も漏れる中、なんと笠はティーアップなしでアドレスに臨む。凄まじいインパクト音とともに放たれたボールは、風間のみならず弾道のボールをも越えていき…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕(6)
熊本ジュニア選手権・最終日、4番ホール。ドライバーか、スプーンか、3番アイアンか…。ティーショットで使用するクラブに選手の個性があらわれるこのホール。弾道が手にしたクラブは、誰も予想だにしていなかった6番アイアンであった。「フルスウィング2回でちょうどグリーンオン」と、信頼する6番アイアンを握り集中力を高める弾道。一方その頃、弾道の父・茂道のもとには「青葉先生」と言葉をかける新庄の姿が…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕(7)
九州JG(ジュニアゴルフ)選手権・第1日目。会場に到着した弾道たちは練習場へと足を運ぶが、そこは九州各地を勝ち抜いた参加者でいっぱい…。なんとか一人分のスペースを見つけた弾道だが、後から来た無口な少年に横取りされてしまう。やむなく弾道が他の場所を探していると「幸運のグローブがなくなった」と慌てふためく女の子が現れて…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕(8)
九州JG(ジュニアゴルフ)選手権・第1日目、14番ホール。大隈のクラブバッグが崖下へ落ちそうになり、弾道はとっさに自らのパターに引っかけてこれを守ろうとする。その結果、バッグは無事だったものの、弾道のパターのシャフトは使い物にならないほど折れ曲がってしまった。その場で直そうにも不正行為で認められず、このまま弾道はパターなしで試合をするはめに…!!
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕(9)
九州JG(ジュニアゴルフ)選手権・第1日目、9番ホールで見事イーグルを決めた弾道。しかしその瞬間、競技委員長の田崎から発せられたのは、「今のは無効だ」という予想だにしない言葉だった。同組のターチが不正行為をしていたという目撃証言から、弾道のプレーにも疑念がかけられて…。
DAN DOH(ダンドー)!! 〔新装版〕(10)
全日空オープン・予選2日目。ラウンド開始直前、顔も服もボロボロな状態で赤野の前に戻ってきた弾道。昨夜から今朝まで、ずっとコースを調べ歩いていたのだ。そして迎えた最初のホール。ドライバーで叩くと、2打目が上り斜面のショットになることを嫌った他の選手は、アイアンやウッドで刻んでいくが、弾道はあえてドライバー勝負を赤野に勧めて…。
また読みたい
フォロー