D-LIVE!! 1巻
どんな乗物でも完璧に乗りこなす天才高校生ドライバー・斑鳩悟。都内の銀行で連続強盗事件が発生。警察の懸命な捜査にもかかわらず、犯人の足取りはつかめない。そこで悟に捜査の依頼が来た。普段の悟は平凡な高校生だが、彼は国際的人材派遣会社・ASE(AlmightySupportEnterprise)のメンバーでもあるのだ。その才能を生かして悟が奇跡を起こす、スーパーマルチドライビングアクション!!
D-LIVE!! 2巻
木村ボンバーズは兄弟3人の連続爆弾魔。そのうちのひとりで、逮捕されていた次郎が、現場検証の最中に、兄・太郎、弟・三郎の助けを借りて逃げ出した。3人はJR常磐線の特急・スーパーひたちを乗っ取り、運転手と客を人質に取って逃げようとする。時速130kmで突っ走る列車をなんとか停止させてほしいとの依頼を受けたASEは…。
D-LIVE!! 3巻
倒産寸前の建築会社の社長夫人が誘拐された!しかし、身代金が用意できない社長はASEに人質の奪還を依頼。悟は、とにかく人質を連れて逃げきってくれればOKと言われ、引き渡しの場所に向かう。ところが、現場に行ってみるとこの誘拐が偽装だった事が発覚。さらに仲間割れが起こり、誘拐犯グループが大型の建築機械を操り、悟と依頼者に襲いかかってきて…。
D-LIVE!!(4)
湾岸地域に新しくできた釣り橋「メガブリッジ」の完成式典の最中、警備員に扮した集団によって橋の両端が爆破された!橋はケーブルに吊るされて何とか落ちずにいるが、その4本のケーブルにも無線式の強力な爆弾が仕掛けられている。犯人グループは、橋の上に残された人々を人質に50億ドルもの身代金を要求してきた!
D-LIVE!!(5)
化学開発会社・米山ファインケミカルのビルが何者かに爆破された!この会社は電波を吸収する塗料の開発に成功しており、そのデータがテロリストに狙われたのだ。今回悟が受けた依頼は、かろうじて全壊を免れたビルの37階コンピュータールームから、塗料のデータが入ったハードディスクを回収してくるというもので…。
D-LIVE!!(6)
高級車窃盗密輸事件の重要参考人であるジャーナリストの身柄を、窃盗団に悟られずに移送する任務を受けた悟。初音が整備した水陸両用のホバークラフトに乗り、神田川を遡って調布に向かうという奇抜なルートが設定された。だが、その経路を見破ったキマイラは小学組組長に情報を横流しし、小学組のヒットマンが悟の命を狙って動き出す!
D-LIVE!!(7)
波戸が横須賀米軍基地にいた頃の恩師・マダックス少尉が、身代金目的で拉致された。犯人も元米軍人らしく、公になることを恐れた米軍はASEに救出を依頼する。だが、敵アジトが東京の地下鉄近辺の地下道内にあるため、終電から始発までの約4時間で任務を果たさねばならない。限られた時間の中、悟の操る小型軽量バギーが大都会の地下迷路を爆走する!
D-LIVE!!(8)
中東・アデル国のオアシスにある古代都市・バルア遺跡の発掘作業中、大規模な地震が発生。遺跡の一部が崩壊するが、その一方、これまで知られていなかった巨大地下墳墓が現れる幸運にも見舞われる。だが、そこの発掘をしようにも、地震の影響でいつ倒壊してもおかしくない状態。日本の考古学チームの依頼で現場に呼ばれた悟は…。
D-LIVE!!(9)
元ナチスの高官が死亡し、その遺産がオークションにかけられることになった。そのオークション前日に開かれるASE主催のパーティーに出席した悟だが、その会場を突如「十字架戦線」と名乗る武装集団が襲撃してきた。彼らの目的はオークションの目玉商品で、ヒトラーが描いた未発表絵画なのだが、その絵画に隠された謎とは…。
D-LIVE!!(10)
学校でASEドライバーの正体を隠している悟が、友人の誘いで自動二輪免許の体験教習を受けることに。百舌鳥から「バレたらクビ」との厳命を受け、必死にドジを演出していたのだが、そこになんと銀行強盗犯が乱入してきた!しかも教習車を奪った犯人は、悟の友人を人質にとって逃走してしまい…。
また読みたい
フォロー