icon_reread
また読みたい
フォロー
愁桜の門
元海軍大尉・斉藤正次郎は、靖国神社を訪れ、戦時下の日本に思いを馳せる。当時、海軍作戦本部航空作戦部付航空参謀だった斉藤は、太平洋戦争末期、九州南部に位置する海軍航空隊加濃屋基地にいた。一人前の飛行機乗りになれるよう訓練する朝倉と、その訓練を見ていた上官の間には確執があり……。自分の命を捧げることで、日本を守れると信じた若者たちの青春群像!!